α200+α-7DIGITAL2008年11月17日 08時37分

α-7DIGITAL
会社帰りに中古PC店に寄ってみたら、α-7DIGITALが置いてあった。
おお、懐かしいのがあるじゃん、これが出た当時は店頭で何度も触ったなあ、
きれいなファインダーでいいよなあ・・・って憧れてたものだ。
当時はDiMAGE 7iをメインに使ってたから、無理して一眼レフを買うこともないし
そんなお金の余裕もないしなあ、とあきらめてたα-7DIGITALだった。


それにしてもえらい安い値段がついてる。
USBケーブル欠品はあるが普及品のレンズ並みだ。
ボディのバックアップにα200をもう一台買おうかと思っていたが、
それよりかなり安上がりで済むし。買っちゃおうかな。


とりあえず一晩考えたが、翌日の昼休みには買ってしまった。
店頭で電池残量を確認したら1/3ほど。
一応、起動を確認したが店のレンズは付けさせてもらえなかった。
まあいいや、一週間の保証はあるし不具合があれば返品できるし。
いつもの癖でこういうときはあっという間だ。


元箱がえらいデカイ、持って歩くのが恥ずかしいくらい。
自宅でじっくり調べたらびっくり。
開封した形跡はあるがマニュアルに折り目がついてない。
ストラップもCDも未開封、どういうこと?


ボディも中古にしてはきれい。
普通ならシャッターボタンとかグリップとかダイヤル部分に多少なりとも
スレがありそうなものだが、なんにも無い。
充電器にもスレがない、コード類にもへんな癖がついてないし
結束コードも巻き直した様子がない。
ひょっとして使ってないのか、コレ?


どういう素性なんだろ、カメラ店の新品在庫?
USBケーブル欠品がどうしてか分からないが、
α200と共通で使えたから問題はない。


翌日から山口に出張だったので持って行った。
300枚ほど撮ってみたけど問題なさそう。
なつかしいDiMAGE 7iに似た絵づくり、あっさり系かな。
α200に慣れた目でみると少々物足りない感じ。
電池がぜんぜん減らないのに感動。
DiMAGE 7iにはさんざん苦労させられたから余計にうれしい。
電源回路系の技術が進歩したのかもしれない。


600万画素だしα200とは操作感も絵もまったく異質で
本来の意味でのバックアップにはならないが、頼もしいボディだ。
この独特の絵づくりに慣れるか、調整でどこまで好みに仕上がるか
それもまた楽しみなα-7DIGITAL。


それにしてもどういう素性なのか不思議。

α7デジタル2008年11月18日 07時55分

KHS-F20 WESTWOOD
近所の公園でα7デジタルのテスト。
JPGで添加物なし、フルオートで撮影。
あっさりしたMinolta DiMAGE 7iに似た絵づくり。

α200より露出をはずしやすいみたい、ホワイトバランスも微妙。
背面液晶画面は暗いし露出補正のあてにならない。
このあたりはα7Dの癖に慣れて調整するしかなさそう。
α200のほうが安心して撮影を楽しめる。

α7DIGITALの発色2008年11月18日 13時21分

慣れればどうってことない普通の発色。
これはこれで自然というか、見た目と違和感ない。
ディマージュ7iほど色調整に悩まなくていいかな。

ファインピクスS602と両方使ってたからだろう、
FUJIの発色が良すぎたから、ディマージュがあまりに地味に
みえたのかもしれない。

α7DIGITALにシーンモードはついてない。
人物とか風景・スポーツ・夜景とかいった撮影モードがない。
αSweetデジタルにはあるのに。
欲しいわけではないけど、あったらα200とパラメーターの
比較ができるのに。
比較してどうなるというわけでもないけど・・・。
まあどうでもいいか。

今日は背面モニターに保護シートを貼った。
その上に保護カバー、α200と同じく二重にカバーした。
はずれやすい保護カバーはアロンで接着してしまった。
もう取れない。

α7DIGITAL2008年11月21日 12時45分

シャッター音がちょっと甲高い感じがするな。
シャキーン!というか表現は難しいが金属っぽい音。

α200のほうが一眼レフらしいシャッター音。
快適というか、リズミカルというか、とにかくいい感じだ。

ストロークも微妙にα7DIGITALは深いというか硬めな感じ。
やはり3年間の差のぶんだけ技術の進歩かなあ。

絵は圧倒的にα200がいい。フルオートで安心して撮れる。
α7DIGITALはそうはいかない、WBの設定やらパラメーターやら
事前に調整するのを前提にしないと大はずれがありそう。

明日は久しぶりに休み、α7DIGITALの癖を確かめよう。

久しぶりのサイクリング2008年11月22日 19時39分

こういう所をひたすら海に向かって走る
今日は朝から日差しもあっていい天気。
ポカポカとはいえないが、爽やかな冷気で目が覚めた。
久しぶりにまとめて走ろうかな、、、っと9時に走り始める。

コースはいつもの反時計回りの石内ルート。
映画の『石内尋常高等小学校 花は散れども』の舞台となった
石内地区を通って南へ下る。
五日市のコイン通りに出たら、山陽本線と広島電鉄、
国道2号線を越えて広島湾へ。
それからは東に向かって草津、己斐へ。

あとは太田川沿いに北上する。
今日の目的地は安佐南区にあるTSUTAYA駐車場。

休憩2008年11月22日 19時53分

岡の下川そばの公園にて
普段は広域公園を自転車でチョロチョロしてたのが
数ヶ月ぶりの長距離で今日は疲れた。

普段は通り過ごす公園でひと休み。
紅葉がきれいだった。

ここまで平均時速18キロくらい。
下りとフラットな舗装路ばかりなのにこれじゃ
しまなみは無理、途中でダウンだな、脚がへばってる。

広島湾に到着2008年11月22日 20時07分

はつかいち大橋対岸にて
自宅から20キロ走って海にでた。
このあたりは全部、埋め立て地。
整備された防波堤があって走りやすい。

マンションが増えてる。
眺めが良さそう、宮島の花火も見えるだろう。

~みずとりの浜公園~2008年11月22日 20時14分

人口干潟
このコースを走るときにほぼ必ず寄ってひと休みするポイント。
八幡川の河口を整備した人口の干潟。
鳥の観察はもちろん、ファミリーで遊んでる風景が似合う場所。

今日の鳥の数、種類ともすごい。こんなのは初めて。
カモみたいなのや、カモメにサギっぽいのとかでいっぱい。
カモが渚を歩きながらなにかをついばんでる。
けっこうかわいいが、ペット犬の姿がみえるとサッと逃げる。
カラスが寄っても逃げないのに、犬はだめなのか。

帰宅して調べたらシベリア方面からやってきたヒドリガモってのが
ここで越冬するそうだ。

シベリアから飛んで来て広島で長期滞在、いいなあ鳥って。

広島はつかいち大橋2008年11月22日 20時31分

はつかいち大橋
α7DIGITALを入手してから初めて海を撮ってみた。
まあ、いい感じ。

レンズはtokina20−35。
重たいけど広角系で手持ちの中では貴重な一本。

レジャーボート2008年11月22日 20時42分

五日市のマリーナ
こういう場所は好きなんだけど、なんか馴染めない。
こういう高級品と縁がないからだろうな。
漁船とか作業船、客船が本当は自分の好みなんだけど。

シャッター押しながら別のこと考えてしまう。
まあいいか、って撮ってしまうマリーナ。