曲がる水平線2010年12月01日 22時26分

水平線を写真に入れる場面って、けっこうありますね。
撮るときに難しいと思うのは曲がるというか、傾くことです。


尾道水道の夕日、これは手持ちでなんとかOK。
曲がる水平線

これは手持ちでギリギリOKかな。
両端が曲がって見えるのはレンズが丸いから仕方ないこと。
山口県須佐。
曲がる水平線

これもなかなかいい感じに水平がとれてます。
瀬戸内のはず、どこじゃろ?
曲がる水平線

平和公園、元安橋。水平よろし。
曲がる水平線

呉市沖、これは揺れるフェリーの上から。
よく水平がとれたな、たまたまか。
曲がる水平線

尾道水道のフェリー。
これは分りにくいけど、岸壁が水平だから許せるでしょう。
曲がる水平線

こういうのが駄目、完全に水平がとれてません、ボツ!
でも尾道だから廃棄はしないで倉庫行き。
曲がる水平線

安芸津の大芝大橋。
これはだいじょうぶ、珍しく手持ちでOK。
曲がる水平線

萩市の笠山、いいですね、まっすぐです。
曲がる水平線

萩沖の日本海ですが、これはボツ。
ほんのわずかだけど、この傾きは許せません。
曲がる水平線

写真をやってて水平、垂直が決まらないって悩み、
けっこう多いらしいです。


右が下がるというのは、構え方の問題でしょう。
レンズとボディを支える左手がしっかりしてなかったり、
ファインダーをきちんと見てないとかシャッターの切り方とか。


何枚も撮っておいて、後から選ぶって手もあるし、
最悪の場合はレタッチで修正って方法もあるけど、
できるだけ三脚を使え、ってことでしょうね。


ちびりちびりと昔の絵を眺めながら、独り反省会。
どんなシーンでも一発で決められるって羨ましいな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書くと?
丼ぶりと京風うどんの、なか●

コメント:

トラックバック