プログラムAの怪2011年03月01日 03時45分

日曜日の呉海上自衛隊艦艇見学会。
カメラ任せのプログラムオートで撮ったらどうもおかしい。


岸壁の「おおすみ」にピントを合わせて、アングルを微調整。
そしたら絵がかなり暗めのアンダー。
プログラムAの怪

船体にピントを合わせてAEロックしたらこのとおり。
プログラムAの怪

これも同じ、船にピントを合わせて空の割合を調整。
またアンダー、明らかに明るい空の影響をうけて暗くなる。
プログラムAの怪

またAEロックして構図の調整、そうするとこれ。
船体の色はいいけど、どうも空の感じがでてない。
プログラムAの怪

撮りたいものにピントを合わせて、構図を調整するのは
コンパクトカメラでは基本の撮り方なのに。
プログラムAの怪

AEロックを使うと、その部分だけはまともなんだけど
それ以外の部分に色がない、これって当り前の現象?
プログラムAの怪

プログラムAってこんなんだっけ?
なんか露出がおかしい感じ。
プログラムAの怪

背景が空で、明暗の差が大きすぎるから?
でもAEロックすると白いものが飛んでしまう。
グレーだけが色として残ってる感じ。
プログラムAの怪

もう2年以上も使ってて、
いまさらこんなことに気が付くなんて。


カメラの設定がどこか間違ってるのかも知れない。
なにしろ設定項目やボタンがたくさんあって、毎日のように
いじってるから組合わせがおかしくなってるかも。


基本に返って、取説をじっくり読まないといけませんね。
なんなら初期状態にリセットしてもいいし。
プログラムAの怪


機材/α7DIGITAL+AF ZOOM 28-80mm F3.5-4.5

旬の花便り2011年03月01日 05時08分

土曜日の広島市植物公園。
いま載せておきたい旬の花たち。

旬の花便り

セツブンソウ
旬の花便り

旬の花便り

スノードロップ
旬の花便り

旬の花便り

旬の花便り

ツバキ? サザンカ?
旬の花便り

スイセン
旬の花便り

マンサク
旬の花便り

ロウバイ
旬の花便り

花言葉は「永久の幸福」「幸せを招く」「回想」・・・
旬の花便り

旬の花便り

旬の花便り

クリスマスローズ
旬の花便り

旬の花便り

旬の花便り

まだまだ梅もあるし、菜の花も咲き始めてます。
でもしばらくは行かないかも。
ちょっと頻繁に通いすぎました。


機材/α7DIGITAL+ミノルタ50ミリマクロ
    シグマ APO 180mm MACRO F5.6 UC
    AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5 New

SUB in KURE2011年03月01日 22時50分

日曜日の艦艇見学会、
帰りに基地内の潜水艦を撮ってきました。
解体処分を待つ「SS-584 なつしお」。


1991年就役、2010年除籍。
人間でいうと勤続19年で定年退職です。
SUB in KURE

呉の日曜見学に来るたびに見かけるのですが、
SUB in KURE

年度内に解体処分でしょうか、気になって撮ってます。
SUB in KURE

色つやといい、ちょうど脂ののった盛りのようですが、
SUB in KURE

うーん、いい感じに枯れてます。
でも落ちたらつかみ所がありませんね、さすがベテラン。
SUB in KURE

けっこう船体は凸凹がありますね。
遠くから見ると、もっとペタッとしてる印象なのですが。
SUB in KURE

こういうラインが美しい、メタボと大違い。
ぜい肉がそぎ落とされた野武士って感じがします。
SUB in KURE

呉には最新型がすぐ配備されるのですが、
Ryanはこういう初期の涙滴型がいちばん好きです。
プロポーションが抜群にきれい、美しいです。
SUB in KURE

のっぺらな感じの潜水艦ですが、けっこう突起物とか
船らしい装具がちゃんとあります。
SUB in KURE

各種アンテナ類。
SUB in KURE

最近の潜水艦は船体に吸音タイルが貼ってありますが、
これは無いですね、このあたりが古さかな。
SUB in KURE

サメやシャチ、クジラももちろんですが熟年になると
いろんな海藻が付いたりカキ殻とか傷もつきます。
これもそうです、サビだってカッコいい勲章にみえます。
SUB in KURE

基準排水量:2450t、水中排水量:2750t
主機:ディーゼル2基、電気モーター出力:7200PS
速力:約12kt, (水中)約20kt(時速約40キロ)
乗員:75名
主要装備:533ミリ魚雷発射管×6門
       (ハープーン発射兼用)


解体するしか、ないのでしょうね。
老兵は去りゆくのみ。


機材/α7DIGITAL+AF ZOOM 28-80mm F3.5-4.5

測光モード2011年03月02日 22時27分

どうもα7DIGITALの露出がおかしいと思って、
いろいろ心当たりを検証してみました。

この写真はちょっとアンダーだけど、まあ
ボツにするほどの破綻でもない。
本当はもうちょっと明るいグレーなのです、実物の色は。
測光モード

これは20ミリ機関砲の給弾ドラム一式。
ほとんど全体がグレーなので、きれいに撮れてます。
Ryanは全部の絵をこういう風に撮りたいのです。
測光モード

あらためて取説を隅々まで読んでみました。

そしたら!なんと!
測光モードによっては露出が絶えず変化する!
そういうことが分かりました。
測光モード

はい、なんとコンパクトカメラのようにピントを合わせて
構図を変えると露出も変わるんですね。
ピントの固定と露出の固定は別ものでした。
DiMAGE 7iにもα7DIGITALにも書いてありました。
マルチ測光の時しか固定できないようです。
測光モード

本文の内容までは載せませんが、測光とAFモードの
組合わせによって露出が固定できたり、
できなかったりするみたい。
そのぶんAEロックの活用を細かく説明してあります。


α200では露出のことは、ほとんど触れられていません。
とにかくフルオートとシーンモードを使え、っていう説明ばかり。


なるほどね、α7DIGITALの露出が不安定なんじゃなくて
Ryanの研究不足だったようです。


機材/α7DIGITAL+AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5 New

Flowers2011年03月03日 04時33分

このところ不安定な天気が続く広島ですが
今日はどうも冬に逆もどりのようです。
気温が上がらないみたい。

Flowers

ある日、スナップ撮りでブラブラ歩いていたら、
そこはフリーマーケット会場。

Flowers

うっかりカメラを置いて物色してたら、カメラ一式を置き引きに。

Flowers

夢でした、そういうゾッとするような夢で目が覚めた。
あー、嫌だいやだ。

Flowers

世の中を騒がせてる携帯カンニング事件、
電話の持ち主が特定されました。

Flowers

19歳の予備校生だって。どういう了見だったのでしょう。

Flowers

さて、普段はノートリミングを基本に撮ってる花写真。

Flowers

RAW撮りもしないし、レタッチもしないしJPEGの撮って出し。

Flowers

たまに、お遊びで切り取ってやるとおもしろいです。

Flowers

同じ写真で、二度、三度と楽しめます。

Flowers

Flowers

Flowers

Flowers

明日は年に一度の人間ドック。
受診項目が増えていやだな、待ち時間が嫌。
そういえば今夜は絶食だわ。

DiMAGE 7i2011年03月03日 22時46分

昨日から久しぶりにDiMAGE 7iを使ってみたいという
気分がふつふつと湧いてます。


昨日、久々に取説を読んでたらα7DIGITALに負けないくらい
多機能、使い手の自由度が高いというかよく考えて
作られてるってことが分りました。
DiMAGE 7i

デジタル一眼レフが出はじめた頃に使ってたのがこれ。

まだデジ一が30~40万円する頃で
とてもじゃないけど一眼レフタイプは一般の我々が
手にできるものじゃないと思ってました。
DiMAGE 7i

ボタンやダイヤルがいっぱいあって、なんとなく形が
ガンダムなんて呼ばれてた頃です。
2002年の6月発売、165,000円もしました。
DiMAGE 7i

ファインダーはいま流行のEVFです、もっともこれは
チラチラして見にくいし、ピントもボケも分かりにくいAF専用機。
DiMAGE 7i

でもレンズはMinoltaの高級Gレンズに匹敵するほど
高性能のようです。28-200ミリでF値が2.8-3.5です。
DiMAGE 7i

しばらくしてデジ一の値段が価格破壊。
20万円を切るようになって、あっという間にデジ一が普及。
こんなレンズ一体型高級機は時代に取り残されました。
それとともにMinoltaも崩壊、悪夢でした。


でも今でも使えるかもしれませんね。
デジ一が主流だからこそ、使ってみる価値がありそうです。
よし!週末はこれでやってみましょう。

Old Photo2011年03月04日 06時04分

2003年から05年にかけて撮ってた絵。
Exif情報が消えててはっきりしないけど
DiMAGE 7iとCaplio GXの混在ですね。


山口県の本浦港、釣り人は私じゃありません。
Old Photo

???
Old Photo

高級食材の黒ナマコ。
いまは石けんでもブームですね。
Old Photo

タロ!
Old Photo

10年前の海鮮丼。
Old Photo

フクシア
Old Photo

Old Photo

花みどり公園
Old Photo

ベゴニア
Old Photo

植物公園
Old Photo

Old Photo

Old Photo

こうしてみると、10年前からデジカメの絵ってもう
完成してますね、瞬間記録装置としてみれば。


デジタル一眼が流行ですが、もうちょっと昔のカメラを
持ち出しても面白いかもしれません。

今日のひろしま2011年03月04日 19時52分

今朝はいい天気でした、でも人間ドック。
日赤で8時20分受付けだったのですが、
早めに家をでて7時半にはバスセンターでした。


そのまま直行すると早く着きすぎるので
ちょっと遠回り、写真を撮り歩きながら行きました。
今日のひろしま

こんな出勤時間帯に街を撮るのは久しぶり。
いい感じ、色もいいしピントもシャープに撮れてます。
今日のひろしま

すばらしい、一眼レフでもなかなか撮れませんの自画自賛。
今日のひろしま

OH!自宅のPCで開いてやっと確認できましたが
すばらしい感動の逆光、自画自賛。
今日のひろしま

APSC一眼レフでこんな絵を撮ろうとすると、かなり絞らないと
無理でしょう、小さなCCDのなせる技ですね。
今日のひろしま

でも今日は人間ドック、
注射されたりバリウム飲んだり待ち時間もあるし、もうぐったり。
重病人になった気分です、でもお昼はこんな豪華定食付き。
なぜか醤油とか七味とか塩こしょうが無い、惜しいな。
今日のひろしま

けっこうすごいです、このメニュー。
昨夜から絶食後のせいもあるけど、めちゃ美味いです。
でもご飯のおかわりはできません。(涙)
今日のひろしま

メタボなんです、運動不足。食べ過ぎと呑みすぎ。
いろいろ控えなさい、って看護師さんの指導。
ハイハイ、っていつも返事はいいのですが。。
今日のひろしま

この一連の絵は、コニカミノルタの名機DiMAGE 7iです。
自画自賛ですがやっぱり凄いですわ、この絵作りは。
今どきのコンパクトデジカメとも違う、色とか質感とか
全体に上品な感じが漂います。


機材/DiMAGE 7i

宮島へ2011年03月05日 20時10分

今日は宮島に行ってきました。
昨日まではまったく別のところを考えていたのですが、
朝起きたら宮島に行こう!急に気が変わりました。

宮島へ

これは宮島と関係なし、店先のスカーフが気になって。
宮島へ

フェリーに使われてるスキュードプロペラ。
潜水艦のスクリューもこれに似たもので水切り音が
最小になるよう設計されてその形状は最高機密とのことです。
宮島へ

本土側(宮島口)から宮島に渡るにはフェリー便を利用します。
JRと私鉄の2社が運行してます。


どっちに乗るかは好みですが、JRのほうは往路のときに
観光サービスに大鳥居近くを通ってくれまます。
宮島へ

今日の目的は、DiMAGE 7iの試写。
3年ほど使ってなかったので、懐かしさもあってこれ一台。
どんな感じか、持ち出してみました。
宮島へ

梅が咲いてます、梅は厳島神社の周辺にたくさんありますね。
宮島へ

朱の大鳥居、干潮だと鳥居の下まで歩けますが
今朝は満潮、対岸へのショートカットはできませんでした。
宮島へ

宮島へ

DiMAGE 7i片手にぶらぶら、目に付いたのをチャチャっと
撮るのは3年前も同じ。
宮島へ

宮島へ

宮島に梅園があるのは、知らなかった。
宮島へ

梅園というほどのスケールじゃないけど、見ごろです。
宮島へ

宮島へ

のどかですね、天気もいいしポカポカして鹿もいるし。
宮島へ

ここまでは楽勝、このあとが実はたいへんだった。
この歳になって初体験でした。つづく・・・


機材/DiMAGE 7i

弥山山頂2011年03月05日 21時32分

宮島といえば厳島神社ですが、神社の背後にそびえる山、
標高535メートルの宮島最高峰“弥山(みせん)”
これも世界遺産です。


今日は予定外のことばっかり。
宮島に行ったのも思いつきですが、弥山に徒歩で
登ったのもまったくの予定外でした。
弥山山頂

登って2時間、やっと大日堂。これで山頂と思ったら、、
弥山山頂

まだ上があった、これがまた強烈にきつい急坂。
大日堂から15分、ハアハア、ゼーゼーしながら
やっとグレートサミッツ制覇、535メートルからの絶景でした。
弥山山頂
はるか下に見える白い建物、あれがロープウエー乗り場。
下りはアレに乗らないと、とてもじゃないけど歩けません。


今日の広島は朝からいい天気。
大汗かかない程度に山登りにはちょうどいい感じでした。
弥山山頂

みんなロープウエーで来てるんだろうな。
下から歩いて登ってくるのは中高年と外人さんばっかり。
弥山山頂

人が来るからでしょうね、こんな山頂まで鹿がいました。
弥山山頂

山頂を下ってロープウエーのあるところまで移動しなきゃ。
ちょっと下ると弥山本堂があります、ここでもひと休み。
弥山山頂

なにせ歩いて登ったのは生まれて初めてですから、
2度目があるかどうか分らないので
記録はいっぱい撮りました。


この時点で登り始めてから2時間半、しんどいはずだわ。
弥山山頂

ロープウエー側の山までやっと来ました。
あの向こうの山頂がさっきまで居たところです。
ここまでがまた、下って登ってキツイ、キツイ。
弥山山頂

ここの眺めも最高です。猿が見えないのがさみしいかな。
弥山山頂

ここでもまた30分の休憩。
今日は観光客が多いせいか、ロープウエーは随時運行。
ほとんど待たずにいつでも乗れました。
弥山山頂

瀬戸内の小島からはるか四国まで見渡せます。
弥山の初日の出ってロープウエーで登るのかな?
まさか歩いてみんな来るわけじゃないだろな。
弥山山頂

いきなり山頂付近の絵ばかり載せてますが、
大元公園からの登りはそりゃもうたいへんでした。
なにせ日頃の運動不足にメタボですから。


軽いカメラで良かった。
重たい一眼レフだったら、途中でやめてるでしょうね。


しんどかった道程は近々にまた記事にします。
それにしても、思いつきというのは
とんでもない展開をするものです。


機材/DiMAGE 7i