江波山気象館2011年04月18日 05時53分

元の広島地方気象台です。
いまの気象台は合同庁舎に移転してます。

江波山気象館

ドームとともに広島を代表する被爆建物です。
江波山気象館

昭和20年の原爆でなにが起こり、職員がどう対処したか
柳田邦男著 「空白の天気図」に詳細が記されています。
江波山気象館

広島の子どもたちは、ここへの遠足とか見学は
必須なんでしょうね、馴染みがあるのかな?
江波山気象館

Ryanは尾道育ちだったし、平和記念資料館やマツダの見学は
ありますがここは記憶にありません。
江波山気象館

ここの惨状や原爆後の広島でなにが起こったかを知ったのは
その 「空白の天気図」を読んでからでした。
江波山気象館

屋上からの眺めがいいだけでなく、広島の歴史を知るうえで
貴重な被爆遺産だと思います。
まだ訪れたことにない方は、ぜひどうぞ。
お勧めのヒロシマスポットのひとつです。


機材/Canon IXY 10S

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
ネみたいな字です。

コメント:

トラックバック