そうりゅう型の帰還2012年07月02日 07時10分

艦旗掲揚のセレモニーが終わったあとの続きレポート。

今春除籍した涙滴型潜水艦「あらしお」の後ろに小さく見えているのが
海自最新の「そうりゅう型」、これから帰港するところです。
そうりゅう型の帰還

白いヘルメットの数人が集合してきました、
桟橋側で係留作業を行う隊員のようです。
そうりゅう型の帰還

ラッキー! どうやら「アレイからすこじま」の公園から見えやすい
側で作業が行われるようです。
前に見たときはこの反対側だったので、よく見えませんでした。
そうりゅう型の帰還

呉湾の沖合で待機してたのが、少しづつSバースに寄ってきます。
そうりゅう型の帰還

遅い、イラッとするほど遅いです。ゆっくり、ゆっくり進んでます。
そうりゅう型の帰還

寄り添ってる2隻は支援船(曳船)ですね、
潜水艦にロープを渡して並走してます、この曳船、出入港の陰の主役です。
そうりゅう型の帰還

8:20 艦旗掲揚から20分かけてやっと桟橋近くまで入ってきました。
そうりゅう型の帰還

どうやら8時30分接岸を目標にしてるみたい。

数えてみてください、30人くらい外にでてます、乗組員のほぼ1/2です。
自分が作業する持ち場が決まってるんでしょうね。
そうりゅう型の帰還

上の絵とこの絵、違いが分かりますかね?
わずか1分も違わないけど、国旗が揚がってます。
そうりゅう型の帰還

警笛とか掛け声が聞こえてきますが作業は整然と行われています。

接岸する船はなにをタイミングに旗を揚げるんでしょうね?
Ryanは錨じゃないかと妄想します。
潜水艦にも錨は付いてるから、これが着底した瞬間に
国旗掲揚じゃないかなあ。
そうりゅう型の帰還

見ててまた疑問が湧きました、船体の上でとぐろを巻いてるロープの山。
これはいったいどこから出てきたのでしょう?

潜水艦に格納庫があって普段から積んでる?
出港したら不要になるのにそんな無駄なものを積む余裕がありますかね?
一連の絵を眺めててRyanは想像がつきました、なるほどねえ。
そうりゅう型の帰還

以上、ここまでが接岸、係留作業の前半でした。
この続きはまた近々に。

面白いですね、写真一枚でいろんな発見、妄想ができます。


機材/α700
   SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


コメント

_ 武三 ― 2012年07月02日 09時46分

きれいなものを撮るRyanさん。艦船を撮るRyanさん。どちらも同じRyanさん。話は変わって、あのモデルさん?別の顔ピアニスト、12月9日大阪ザ.フェニックスホ-ルでコンサ-ト。。別の顔、私の車のナビ?
デトロイトからナイアガラまでとか、ハワイ島とか。別の顔大学のピアノの先生。支離滅裂 又よろしく。

_ gonpapa ― 2012年07月02日 22時26分

写真拝見すると、乗組員は命綱してないですね。

馴れてはいるんでしょうが、涙滴型ともいわれる潜水艦
落ちたら這い上がるのも難しそう!

なにはともあれ、国家安泰のためにも頑張って欲しいです。

_ 武三さんへ ― 2012年07月02日 22時57分

武三さん、ありがとうございます。
支離滅裂じゃないですよ、ちゃんと理解できます。
あの「おんな」はピアニストで心から信頼できる
パートナーってことですよね。

花も撮るし軍艦も撮りますよ。
撮りたいものは他にもいっぱいあります。
小さい頃の息子をいっぱい撮りたかったし、ペットがいれば
犬でも猫でもウサギでも。

プライバシーの問題がなければかっこいいクルマや
人もいっぱい撮りたいですね。
どれも同じRyanですよ。

_ gonpapaさんへ ― 2012年07月02日 23時11分

コメントありがとうございます。

そうですね、セイルに上がってる隊員だけは綱が腰に繋がってますね。
どうみても這い上がったり救助に行けるような造りになってませんね。
この季節なら船からできるだけ離れて他の船に助けを待つほうが賢明でしょう。

そうですねえ、彼らは誰も見てないところで国家安泰のために
訓練や任務をこなしてるんでしょうね、
詳細はまったくわからないし、マスコミに載ることもありません。

_ 武三 ― 2012年07月03日 23時07分

今の潜水艦、進水式の時だけ船名とNo、書いてる?後は名無しのごんべい。
ちょっと違うけど車のハイブリッド、、バッテリ-が命かな。ハイブリッドカ-のバッテリ--、性能が上がれば、そうりゅう型潜水艦のもぐってっられる、時間が伸びるようですね。
 8月に彼女のピアノ伴奏で中国音楽国際コンク-ルの声楽部門でコンテストに出場します。
私は、おまけ、彼女は専門部門のピアノで出場、金賞だろうね。
Ryan応援してください。

_ 武三さんへ ― 2012年07月04日 05時16分

もちろん応援しますよ、
どこか近くの神社で参拝しておきましょう。

潜水艦のNo.は基地に配属されると消されますね。
最新の「けんりゅう」が呉に来た直後は504って番号が書いてありました。(4/15の記事参照〉
翌週にみたときには消されてました。

潜水艦用バッテリーは湯浅電池とかエナーシスが有名ですね。
戦前から今も研究開発してますよ、

最近はAIP機関っていう外気不要のエンジンが実用化されてます。
出力が小さいから補助的にしか使えないけど、こういった新技術との併用で
自衛隊の潜水艦は世界でもトップレベルの性能だそうです。

バッテリーは無くならないでしょうね、
内燃機関よりモーター駆動がいちばん静かですからね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
五みたいな字です。

コメント:

トラックバック