ASR403「ちはや」2012年08月10日 22時47分

潜水艦救難艦「ちはや」の紹介。
すっごい久しぶり、7/28のサマーフェスタで久しぶりに再会しました。

潜水艦の後ろに停泊してるのが「ちはや」
ASR403「ちはや」

“千早振る・・・”の「ちはや」、ですよね。
楠木正成の千早城に由来してるそうです、でもしかし、

Ryanは歴史にもウトいものだから
楠木正成と千早城がどう関係するのか知らないんです。
なんとなく、聞いたことがある程度。
ASR403「ちはや」

ま、とにかく潜水艦救難艦です。
遭難した潜水艦から乗員を救い出すのが任務です。
ASR403「ちはや」

排水量5,400トン、全長128メートル、出力19,500馬力、乗員130名
一般的な護衛艦より大きいです、速力は半分くらいしかないけど。
ASR403「ちはや」

救出方法はいくつかあるけど、
DSRV(深海救難艇)を積んでるのが最大の特徴になります。
【Deep Submergence Rescue Vehicle】

深海といっても 500メートルくらいでしょうね、なんとか対処できるのは。
ASR403「ちはや」

減圧室や医療設備も備えてて、
遭難者の処置やフロッグメンの支援に素早く対応できるようになっています。
ASR403「ちはや」

でも、いつもそばにいるわけじゃないから潜水艦の事故って怖いですよね。
軍神・佐久間艇長を連想してしまいます。
ASR403「ちはや」

去年のサマーフェスタでは、「ちはや」の乗船公開があって潜水隊員のデモとか
あったけど今回はなかったです、訓練明けでお疲れだったんでしょうね。
ASR403「ちはや」

こういう救出艦があるのは心強いかもれないけど、事故の発生を
どうやって知るとか位置の特定とか実際はかなり複雑な作業だと想像します。

あまり活躍してほしくない任務です。
ASR403「ちはや」

久しぶりに再開できてよかったです。
ASR403「ちはや」

さて、8/12の日曜日は練習艦「しらゆき」の公開です。
今度行ったら4回目になります。
さすがになあ、ちょっと悩みますね、天気も気になるし。


機材/α700
     AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5 New
     MINOLTA AF Zoom 70-210mm F4

 今日の歩数(6,293)


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書くと?
つらいのはフーテンの●さん

コメント:

トラックバック