岩国のレンコン畑へ2012年08月25日 16時32分

今日は電車に乗って南岩国のレンコン畑に行ってきました。

他所様のblogでみて、どうしても一度行ってみたかったのを
やっと実行しました。
岩国のレンコン畑へ

着きました、8時50分ごろです。
もう暑い!気温がどんどん上がってます。
岩国のレンコン畑へ

駅に立つとすぐ目の前に広大なレンコン畑が見えるんですけどね、
反対側まで行くのが、これがけっこう歩かないと踏切がなかった。
岩国のレンコン畑へ

線路のところから、海側に向かってずーっと畑が広がってます。
岩国のレンコン畑へ

花ももちろん咲いてました。
岩国のレンコン畑へ

岩国のレンコン畑へ

なぜか、カラスがいっぱいいました。
なにかあるのかな。
岩国のレンコン畑へ

岩国のレンコン畑へ

もう見渡す限り、レンコン畑。
あの向こうからここまで歩きましたよ、日陰もなんにもないところを。
岩国のレンコン畑へ

門前川の河口です、はっきり云ってクルマで来るのが正解ですね。
ここか、地方卸売市場を目標にマイカーで来たほうがずっと楽。
岩国のレンコン畑へ

JR南岩国駅、電車を降りるとすぐ目の前にレンコン畑。
あのずーっと向こうまで2キロくらいあるんじゃないかな、
歩きました。
岩国のレンコン畑へ

花とか干潟とかいっぱい撮ったので、追々アップしていきます。

ところで、今日はルミックスDMC-LX1っていうコンデジを
使ってみました、JPEGの撮って出しです。

上の中に一枚だけ一眼レフ(α200)の絵が混じってますが、
どれか分かりますかね、パッとみて当てたら大したものです。

答えは
上から5枚目、当たらなかったら手間のかかる大きな
デジタル一眼レフを使ってる意味がない、情けないことになります。



機材/ルミックスDMC-LX1
         α200
         タムロンAF 55-200mm F/4-5.6 Di II

今日の歩数(12,540)


コメント

_ corocoro ― 2012年08月25日 21時16分

わかりませんでした・・・・(T-T)
まだまだ修行がたりませんね。

レンコン畑。
子どもの頃、よく出かけました。
実を盗みに・・・。
レンコンではありません。
レンコンの実です。
そして、小学校低学年の頃と思います。

・・・ダメな子どもですね。

_ corocoroさんへ ― 2012年08月26日 00時17分

そうですか、がっかり。
コンデジと一眼レフの絵の区別がつかないということは、
つまり必ずしも一眼レフだからコンデジより画質が良いって
言えない、ってことですよね。
やっぱりコンデジでじゅうぶんなのかなあ。

レンコンの実って食べられる?
なんか固そうだな、あれでなんか遊べるんですかね。
Ryanはやったことないなあ。
まあ、尾道の近所にレンコンが無かったというのもあるけど。

_ onehand ― 2012年08月26日 07時27分

あの、広い、レンコン畑を歩て撮影されたんですか・・・?
お疲れさまです。というか、
無謀な行為ですね・・・。
熱中症、大丈夫でしたか・・・・?
コンデジ、条件がよければ、デジ一とあまり区別つきませんね・・・。
無論、コンデジの性能が良いのでしょうが・・・・。
ライカのレンズですよね・・・・・。?
ルミックスは・・・・・。

_ onehandさんへ ― 2012年08月26日 18時29分

歩きましたよー!、あんなに広いと思ってなかったし
クルマで行って停めるところに困るの嫌だから
JRで行って歩きました。

行っても行っても、自販機ないしコンビニもない。
ようやく畑を抜けたと思ったら運河みたいなのと河口でした。

onehandさんは、行かれたことがあるんですね。
Ryanも話に聞いてたので一度行ってみたかったんです。
でもいいところですね、人工構造物がないのがいいです。

このルミックスDMC-LX1はコンデジでもマシなほうですが
ライカ規格のレンズっていうだけで、ライカから供給受けてる
わけじゃありません。

やっぱりボケですね、一眼レフとの違いは。
レンズの明るさとイメージセンサーの大きさの差でしょうね。

こういう状況の紹介だけなら、コンデジでじゅうぶんって
ことはわかりました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書くと?
つらいのはフーテンの●さん

コメント:

トラックバック