護衛艦「うみぎり」見学2012年10月22日 08時08分

昨日は7月以来の「うみぎり」訪問でした、“日曜日の艦艇一般公開”
「うみぎり」は過去に2度ほど見学してます。

天気もよくて参加者もたくさんいました、団体バスも来てました。
20121021-うみぎり見学S

いろいろ見学にも工夫が凝らしてあります。
前回は甲板一周とブリッジでしたが、昨日はいきなりブリッジ方面への誘導。
船によって見学コースはまちまちだけど、計画担当者がいるんでしょうね。
20121021-うみぎり見学S

大人数なのでけっこう合間に写真が撮れます、だんだん高いところへ行けるし。
20121021-うみぎり見学S

隣のブリッジより高いところへ、ここはなかなか珍しいポジションです。
20121021-うみぎり見学S

隣は練習艦「せとゆき」です、2,900トン。
3,500トンの「うみぎり」よりひと回り小型です。
小型というか「ゆき」型を拡大改良したのが「きり」型になります。
20121021-うみぎり見学S

前の人に付いて登っていったら、とうとう最上階です。
珍しいです、ここまで上がるのは。ブリッジの上、見張りが立つ場所ですね。
20121021-うみぎり見学S

いつもはこの下の場所までです。
ブリッジ周りを見下ろすのは初めてだなあ。と、思ってたら・・・
20121021-うみぎり見学S

“すいませーん、そこは公開してないんです、降りてもらえますかあ”
後ろから隊員に声をかけられました。
ありゃ、どうも変だと思ったら上がっちゃいけない場所だったんですね。
20121021-うみぎり見学S

みんなスゴスゴと降りて艦橋へ移動。
ごめんなさい、でもちょっと得した気分だったのはRyanだけかな。
20121021-うみぎり見学S

危険なのはこの手すり、すぐ倒れる構造になってて危ないそうです。
もちろん後ろの装備も危険物に違いないけど。
20121021-うみぎり見学S

海賊対策のときに施された防弾板です。
それより右端に突き出てるスプリンクラー、これが気になりました。
どういう役割なのか研究してみましょう。
20121021-うみぎり見学S

「うみぎり」の艦長、二佐の平田さんです。
ポーズをもらったり話を聞いたり気さくに応じてもらえました。
はっきりいってカッコいいです、Ryanよりずっと若くて男前です!
20121021-うみぎり見学S

さわやかな秋晴れで今回もまた楽しませてもらいました。
やっぱりここに来ると疲れやストレスを忘れますね。
20121021-うみぎり見学S

とりあえずプロローグ。
なにしろ15Gですからね、写真の整理もたいへんです。
しばらく呉方面の話題に困ることは無いでしょう。


機材/α700
   SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
つらいのはフーテンの●さん

コメント:

トラックバック