護衛艦と大砲2012年12月17日 22時10分

さて、今夜は護衛艦が積んでる大砲を話題にします。
護衛艦はなぜミサイルや大砲、機関砲を装備してるんでしょう?
答えは簡単、相手が攻撃してきたときの対抗手段が必要だから。

これは訓練支援艦「てんりゅう」が装備してる62口径76ミリ単装速射砲です。
護衛艦と大砲

こっちは訓練支援艦「くろべ」の同じ砲です。
そこでRyanが不思議に思ったのは“訓練支援艦”も相手から
攻撃されることがあるの?ってことです。
護衛艦と大砲

訓練中にうっかり相手、つまり敵から攻撃される可能性があるのかなあ?
って素朴な疑問です、そんな臨戦態勢みたいな状況で安全な海域まで行って
訓練するんでしょうか、そんな余裕あるの?ってこと。
護衛艦と大砲

それで「てんりゅう」の乗組員に訊いてみました。
“あのさ、訓練支援艦なのになんで大砲積んでる?” そしたら、、

“万が一ですが、標的機がコントロールできなくなって船に突っ込んで
来るかもしれないから、そしたら大砲で撃ち落とすんです” だって。

“え!? そうなんだ、そういうこともあるんだ! なるほど納得!”

敵じゃなくて、自分の標的機から攻撃される可能性があったんですね。
なるほど訊いてみないとわかりませんね、勉強になりました。
護衛艦と大砲

こっちは正真正銘の護衛艦「さざなみ」の54口径127mm単装速射砲です。
「てんりゅう」が積んでるのより発射速度は遅いけどずっと強力です。
護衛艦と大砲

美的感覚だけで比較すると丸っこいのより、こっちがかっこいいと思うな。
護衛艦と大砲

たまたまだと思うけど、その「てんりゅう」の乗組員さんは
話が好きみたいでいろいろ教えてくれました。
若いのによく勉強してますね、“開かれた自衛隊”そのものでした。

取材してるわけじゃないけど、見学に行って疑問があったら
どんどん訊いてみるべきですね、お勧めです。


機材/α700
   コシナ19-35mm F3.5-4.5 AF
   タムロン AF 70-300mm f4-5.6 Di LD Macro

今日の歩数(6,221)


コメント

_ ヒロ ― 2012年12月18日 00時16分

訓練支援艦に砲を積んでるのは、てっきり「支援」だからだと思ってました。
非常時には、護衛艦を「支援」するのに必要かと。

F-86時代だったと思うのですが、ブルーインパルスの機体にも機銃を装着したままだったか、非常時にはすぐ装備出来るようになってる、といった話を聞いた事がありますからね。

いずれにしても、今回Ryanさんのブログ拝見して「なるほど」でした。
攻撃ばっかり考えてると駄目で、防御のために積んでる砲なんですね。

_ 武三 ― 2013年01月09日 12時14分

いつも元気なRyanさん、今年もよろしくおねがいします。
わたしごとですが、以前から行ないたかった、セスナの体験操縦グアムでしました。30分間離陸の3分、着陸の3分ぐらい教官。それ以外、操縦桿を、にぎってました。最初の10分は、手に汗が、あとは気持ちよく幸せな時間でした。何回でも飛びたいです。
面白いデジカメCANONの P S D20を買いました。水深10mです。

_ 武三さんへ ― 2013年01月09日 21時36分

すっかりご無沙汰してます、ありがとうございます、武三さん。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

そうですか、そりゃまた貴重な経験ですね。
水平飛行ですか、スキーだと直滑降ですかね。
ジャンプとか急旋回なんかもやったのかな?

ハワイには真珠湾攻撃コース体験っていうイベントがあるそうですね。
Ryanは乗ってはみたいけど操縦はあんまり食指が動きません。

うーん、武三さんはそのうち神戸の空をソロで飛んでるかもしれませんね。

水中カメラですか、こんどは何するつもりです?
海中で大合唱大会かな?

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
つらいのはフーテンの●さん

コメント:

トラックバック