季節はずれと「おおすみ」と22013年06月27日 07時05分

さて、輸送艦「おおすみ」見学レポートの最終章です。
前回に続いて春の花を添えて。

季節はずれと「おおすみ」と2

エア・クッション型揚陸艇(LCAC)のコックピット。
搭乗員の役割と階級に名前が書いてあります、戦闘機みたい。
季節はずれと「おおすみ」と2

エア・クッション艇の底にある空気で膨らむゴムの部分です。
ゴムといってもかなり固いです、簡単には破けそうにない造り。
季節はずれと「おおすみ」と2

リンゴの花
季節はずれと「おおすみ」と2

これは単に赤色灯の灯りと影がきれいだったから。
季節はずれと「おおすみ」と2

Bilsomブランドのイヤーマフ、要するに耳栓ですね。
室内でも音がうるさすぎて耳を痛めるんでしょう。
季節はずれと「おおすみ」と2

バラ
季節はずれと「おおすみ」と2

Landing Craft Air Cushion(LCAC)
季節はずれと「おおすみ」と2

格納庫の後方をみたところ、エレベーターが降りて外光が差してます。
エレベーターは前後2ヶ所にあって車両や重量物を昇降します。
季節はずれと「おおすみ」と2

季節はずれと「おおすみ」と2

今回はLCACの格納庫を見ただけで、外の甲板までは出てません。
広々して気持ちいいんだけどあんまり絵になるものはないですね。
季節はずれと「おおすみ」と2

けっきょく見学が終わったのは2時をかなり過ぎてました。
参加者が多かったですからね。このあと3時の部もあるんだけど
さすがに同じ船を二度見る元気は無かったです。
季節はずれと「おおすみ」と2

以上でとりあえず「おおすみ」レポは完結。

6/30は護衛艦「せんだい」だって。
こんな船です → 過去の見学記(クリック)

行きたいんだけど、Ryanは仕事、
ちょっと県外へ行ってきます。



機材/α700+α200
   MINOLTA AF Zoom 35-70mm F4
   TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO

昨日の歩数(7,121)


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
五みたいな字です。

コメント:

トラックバック