雨で悶々、エイジカメラ2013年08月31日 22時50分

けっきょく今日は家から一歩も出ず。
せっかく完全休養の週末だというのに何もしないっていうのも
なんだかなあ。。ってことでカメラコレクションをブツ撮りしました。

minolta HI-MATIC 7s(1966年発売)
格好はコンパクトカメラに見えるけどとんでもない、
一眼レフ並みにでかいです、がっしり重たいし。
雨で悶々、エイジカメラ

minolta AL(1961年発売)
Ryanが小学校に上がるころ発売のカメラですね、もちろん我が家に
こんな高級なカメラはありませんでした。
この頃、我が家にあったのは確か貰い物のリコー製二眼レフでした。
雨で悶々、エイジカメラ

minolta AL F(1967年発売)
小学校を卒業する頃の発売です、我が家にようやく自前のカメラ、
オリンパス35ECがやってくるのは、この2年後です。
雨で悶々、エイジカメラ

Ryanが中学になってやっと我が家でカメラが買えたんですね。
今で言うと車みたいなものです、贅沢品だったんでしょう。

だからRyanが子どもの頃の写真はリコー製二眼レフか
親戚が撮ったのくらいしか残ってません。

minolta HI-MATIC E(1971年発売)
これも見たことも触ったこともないカメラです。
雨で悶々、エイジカメラ

minolta HI-MATIC F(1972年発売)
大ヒットしたカメラらしいですが、当時は名前すら知りませんでした。
Ryanは30代になってからハイマチックの名前を知りました。
雨で悶々、エイジカメラ

同じFだけど、ブラックは希少ってことで購入。
30年近く経ってちゃんと写せる個体が希少ってことのようでした。
雨で悶々、エイジカメラ

こりゃ見ただけで古そうですね、minolta V2(1959年発売)
金属削りだしの塊って感じ、ずっしり重たいです。
雨で悶々、エイジカメラ


さて、ゴルフにエイジシュートってありますね、
自分の年令以下でホールアウトするの。
エイジカメラって単語があるかどうか知らないけど
自分の生まれた年に発売されたカメラが欲しくて
コレクションしたのがこれ。

V2よりさらに古いminolta A2です、これでRyanの歳がバレますね。
雨で悶々、エイジカメラ
すごいですよ、まだ写ります。フィルムを通せば現役復帰するはず。

これはちょっと自慢できるかな、かの有名なライカです。
minolta製カメラでこれだけは外せないと思って、無理して
やっと手に入れたLeitzminolta CL(1973年発売)
雨で悶々、エイジカメラ
ちゃんと写るけど、どこがライカ?って感じ。
プリント見たらハイマチックFと見分けつかないでしょう。
操作が面倒なところがライカらしいのかな?

以上、すべてレンジファインダー機でした。
たぶん今の若い人はピントが合わせられないでしょうね、
AFじゃないです、ピンぼけ写真の大量生産機になるはず。


こっちは一眼レフです、SRT SUPER(1973年発売)
このカメラはよく写った記憶があります、凄いシャープに撮れますよ。
気に入ってSRTシリーズはほかに3台ほど集めました。
雨で悶々、エイジカメラ

XG-E(1977年発売)
XDもあるけどあれより操作感が好きですね、こっちのほうが。
シャッターのキレが感触いいです、リズムよく撮れます。
雨で悶々、エイジカメラ

XDの絵が無いのは押入れの奥で出すのが面倒だから止めました。
たぶん探せば他にも出てくると思うけど。

Ryanのコレクションは実用品です。
いくら希少でもジャンクでは意味がありません。

悔やまれるのはminoltaを代表するXEとCLEを持ってないこと。
どうしようか迷ってるうちに、デジタルに行ってしまいました。
デジタル版のCLEが出たら欲しいなあ、出さないだろうけど。


機材/α700
   SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM


コメント

_ ヒロ ― 2013年09月01日 00時35分

凄い!凄い!
カメラ屋さんで撮影したのかと思ったら、全部Ryanさんのコレクションなんですね。
それも実働機ですか!
MFのレジファインダー機は多分ヤシカが最後だったと思いますが、ミノルタは殆ど触った事が無いです。
全部で何台お持ちなんですか?
露出計の有無や、電池の供給なんかも含め、色々聞きたい事が一杯です。
またお暇な時にでも、色々教えて下さい。

_ ヒロさんへ ― 2013年09月01日 07時04分

そうなんです、一時期こんなのに凝ってる時期があって
ミノルタを見つけてはコレクションしてました。

レンジファインダーはこれで全部かな、
一眼レフはもう何台かあると思います。
一眼レフは標準で50ミリレンズが付いてくるので
50ミリF1.7ばかり溜まります。

昔のカメラはけっこう明るい単焦点が付いてたんですね。
これくらいでないと写らなかったのかな。

露出計があったりなかったり様々です。
無いと撮れないというものでもないけど、あれば便利ですね。
単体露出計も安いのを何個か持ってます。

電池は今でも供給されてるみたいです。
昔のカメラほど電池いらずで完全機械式です。
それでも撮れるんだから大したものです。

シャッタースピードは発売時よりバラつきがあるでしょうね。
再びフィルムを通すことは多分ないような気がするけど
手放したくないカメラばかりです。

いずれまた違う面から特集してみましょう。

_ ヒロ ― 2013年09月01日 19時46分

1970年に買ったSRT-101の時代だと、フィルムのASAは100でした。
昼間の標準露出が1/100秒・F11だったので、確か色が違っていたと記憶していますが?です。
そう言えばリバーサルとかの現像サービス、まだやってもらえるのかなーー

_ who太 ― 2013年09月01日 20時48分

minoltaコレクション・・・すごいですね?って・・・

|壁|ω・)釣り針デカ過ぎww

わしは27歳の頃にカメラを始めてα507siを買う41歳まで
ずっとNikon newFM2オンリーじゃったです
基本1台を使い倒すと言う性格なんであまり集める事はせんです。
今MINOLTAは4台持っとるけどα9を手に入れたんで
メインでα9+ポジ サブでα507si+ネガになるかのぉ。
しかしminolta時代のカメラは道具と言えど芸術ですの?
minolta A2のデザインはかなりええですなぁ
それと、Leitzminolta CLは40mmF2定番で一度使ってみたいカメラ
中古でもまだかなり高価で取引されとりますの。
わし的にはこの先α9を使い倒してある程度満足したら
デジイチに移行するかも?と考えとりますが
デジタルはFZ50のようなネオデジが使いやすく・・・
まだ次を何にするかも決まっとらんです。

(=゚ω゚)ノええ目の保養させてもらいました♪

_ ヒロさんへ2 ― 2013年09月02日 07時17分

リバーサル、懐かしいですね。
でもほとんど使った記憶がないです、コストが高いし。

晴れの日は、ASA100で絞りはF8、シャッターは1/250と
決めてた気がします。

でもそればっかりじゃ曇やピーカンでどうするの?
ってことで単体露出計を買いました。

まあ、そんなだからどのカメラで撮っても
特徴がでない平凡な絵の連発だったのかも知れませんね。

_ who太さんへ2 ― 2013年09月02日 07時44分

Nikon newFM2、写真学校の指定機材みたい。
どんな環境でも電池が切れてもシャッターが切れるって
カメラじゃなかったかな。

1950年代から60年代はミノルタだけじゃなくて
聞いたこともないようなメーカーからも
いろんなカメラが出て乱立淘汰の時代ですね。
ミノルタだけでも他にいっぱいあってとても全部集められません。

ニコンレンズの味をデジタルで楽しむのもいいですよ。
PCに余計な負荷がかかるけど新鮮で楽しみがまた増えます。
ぜひぜひ、いってください。

_ who太 ― 2013年09月02日 17時28分

Nikon newFM2は昔、写真学校の基本カメラだったですね
完全マニュアルメカシャッターで電池は露出計のみなので
知識と経験とフィルムさえあれば露出計が壊れても
何処でも撮れますからまだまだ愛好家は多いかも?
今でもオーロラとか撮る人は使っていると思われます

オリペンデジにnikkorマウントアダブター
知人からそれをブログで教えてもらったけど
今のところMINOLTAで欲しいレンズもあるし
SONYのデジイチも考えてるので
それは先になるかなぁ。。。まぁ、機会があればですねw

_ 続・who太さんへ ― 2013年09月02日 22時43分

Nikon FM2は有名ですね、使ったことはないけど知ってます。
50ミリ一本で、ズームを使わせないとか
人通りの多い繁華街で100人の顔を撮ってくるとか
いろいろ写真学校絡みの逸話もありますね。

そうそう、デジイチ導入は気分が高まったときがいちばんです。
尾道を題材にしてるブロガーさんは多いですね。
住んでる頃はなんとも思わなかったけど
離れてみて被写体の豊富さに気が付きます。

でも尾道もちょっと範囲が広くなりすぎました。
因島や瀬戸田が尾道とはちょっとね、ピンときません。

近々に帰省の予定があるんです。
長居はできないけど久々にカメラ持って歩くつもり。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
ネみたいな字です。

コメント:

トラックバック