木炭自動車と発動機2014年06月12日 05時25分

6/7(土)に加計の吉水園に行きました。
モリアオガエルも良かったけど途中にあった「懐かしの蔵」
ここがまた見どころいっぱいでした。

木炭自動車と発動機


これは常設展示でしょうね、木炭自動車です。
保育園の跡地を改装して展示室にしてあります。
木炭自動車と発動機


クラウン スーパーデラックス、昭和47年当時活躍モデルだって。
木炭自動車と発動機


木炭車もいいけど、この日のイベントで興味を引いたのがこれ、発動機です。
懐かしい人がいっぱいいるでしょうね。
木炭自動車と発動機


Ryanが子どもの頃、田舎の倉庫とかにありました。
電気で動くモートルもあった気がするけど、昭和30年代ですよ。
この大きな動輪にベルトをかけて天井のプーリーに動力を伝える仕組み
だったと思うけど。
木炭自動車と発動機


何台あったかなあ、とにかくこれを動かすだけの展示なんだけど
なんか郷愁を誘うおもしろいイベントです。
木炭自動車と発動機


仕組みは分からないけど動いてるのを見てるだけで楽しいから不思議。
木炭自動車と発動機


細かい部品がちょこまか動くのが生き物みたいです。
重たいでしょうね、鉄の塊です。運ぶだけでもたいへんだったろうに。
木炭自動車と発動機


とにかくシンプル、なにか作るわけでもなく動かすだけの展示、
動くこと自体がイベントなんですね、運転中の音も独特です。
でも騒音は相当なもので、うるさくて隣同士でも会話になりません。
木炭自動車と発動機


こんな団体があるとは知らなかった、
スクラップの発動機を修復して動くようにするのが趣味なんですね。
世の中にはいろんな趣味の人がいるものです。
木炭自動車と発動機


カエルをみて帰るころにはジープが外に出してありました。
雨が降らなくてよかったです。
木炭自動車と発動機


実用的なのかなあ?
普通のエンジン+燃料となる木炭ガス発生装置ですからね、
肝心の人や荷物を載せられなくなります。
木炭自動車と発動機


エンジンはともかくジープのシンプルさが好き。
実用一点張り、軍艦や戦車と似た機能美にあふれてます、男の子の憧れ。
木炭自動車と発動機


残念ながら木炭車はイベントのときだけ公開です。
発動機もどこからか出張展示ですからね、
いつでも見られるわけではありません。

Ryanはたまたま見られたんですね、よかったです。


ところで、呉のネコネコさんから飼い猫の捜索願がきました。
名前は“ぷぅ”です、心当たりの方がいたら連絡してあげてください。
“ぷぅ” はやく出ておいで。

==========================
機材/NEX-5R
   SIGMA 30mm F2.8 EX DN

   α200(傘)
   シグマ MACRO 180mm F5.6

昨日の歩数(8,487)


コメント

_ あっち向いてホイ。 ― 2014年06月12日 07時42分

あは、
発動機、、、上から3枚目の画像にKARUIって書いてますよ。
昭和30年代は、ちょとカッコ良くローマ字で書いてみたんでしょうね。

確かに漢字だと"軽い"ひらがなも入っちゃうから格好悪いね。

_ あっち向いてホイ。 ― 2014年06月12日 07時48分

上から3枚目じゃなくて4枚目だった、
はい、訂正でした、
ごめんなさい。

_ あっち向いてホイ。さんへ ― 2014年06月12日 13時17分

KARUIだけどこいつの重さは100キロ以上ありますよ、
あっち向いてホイ。さんの3人分は軽くあるでしょうね。

“カエルをみて帰る”ってやってみたんだけどお気づきでしょうか、
寒くなってきましたね(笑

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
つらいのはフーテンの●さん

コメント:

トラックバック