黄昏の潜水艦部隊2014年06月27日 05時32分

一週間が早い、もう金曜日。
沖縄が梅雨明けしたんですね、このまま暑い夏に突入なのかなあ。


なにを思ったか、アレイからすこじまの黄昏風景です。
黄昏の潜水艦部隊

そういえば撮ったなあ、って懐かしくて。2011年10月の撮影です。
黄昏の潜水艦部隊

日没って一瞬明るくなって、あとはどんどん暗くなるんですね。
黄昏の潜水艦部隊

わざわざこんなのを撮りに行くことはありません。
用事の帰りにたまたま通りかかって日暮れを眺めていました。
黄昏の潜水艦部隊

黄昏の潜水艦部隊

昼間とはまたぜんぜん雰囲気が違いますね。
黄昏の潜水艦部隊

照明のせいかな、暗いだけでけっこうドラマチックです。
黄昏の潜水艦部隊


そうそう、思い出したわ。
“アレイからすこじま”を何年か撮り続けてるから
古いのから直近まで並べてみたら比較できそうな気がしたんですよ。

それで整理してるうちにこれを見つけたんでした。
いま「海自護衛艦建造史」って本を読んでます。
これに触発されたのでした。


==========================
機材/α-7 DIGITAL
   TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD

昨日の歩数(8,574)


ネコネコさんの“ぷぅ” 行方不明の猫ブログです。


コメント

_ 紫苑 ― 2014年06月27日 07時24分

おはようございます♪

趣が違ってRyanさんが言うようにドラマチック。幻想的?
夕暮れ時なんて余り無いような気がします。
それよりも膨大な写真を整理して毎日更新している作業風景を一度覗いてみたい気がしますね。
きっと几帳面な性格なんだろうなぁ~

_ メンチカツ丼 ― 2014年06月27日 07時37分

良いじゃないですか。
何か訴えるものがあって
雰囲気も最高です。

_ メンチカツ丼 ― 2014年06月27日 12時22分

続投ごめんね。
広間の写真よりも現実味があってリアル感があります。
夕暮れ時に機関部が稼働しているとこれから出撃という感じが堪りません。

_ 紫苑さんへ ― 2014年06月27日 22時50分

ありがとうございます。
もっと夕暮れ目指して通わないといけませんね。

几帳面?
まったく逆で、そんなことないんですよ。
いっつも探しものばかりで整理整頓できないのは家でも職場でも有名です。

探してるとたまにこんなのに出会うわけです。
とてもとてもお見せできるような風景じゃありませんね。

_ メンチカツ丼さんへ ― 2014年06月27日 23時02分

なんかやさしいコメントいただいて
別のメンチカツ丼さんかと思いましたよ。
ウルウルっと目頭が熱くなりました。

メンチカツ丼さんの朝焼け、夕焼けがわかるような気がします。
同じシーンでも日中と夕景ではまるで雰囲気が違いますね。

出撃、いいですねえ、いつも臨戦態勢って緊張感が漂いますね。
ジーゼルエンジンの排気があると、なんか生き物みたいで
鼓動が聞こえてきそうです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
つらいのはフーテンの●さん

コメント:

トラックバック