顔とイーグル2014年10月01日 06時36分

今日から10月、月日がどんどん過ぎていきます。
心機一転切り替えてがんばろう、って人も多いんじゃないでしょうか。

それとはまったく関係ないけど花の話題が連続したので飛行機いきます。
海自岩国航空基地の絵がまだまだ載せきれてないので。



KC-130J 米軍海兵隊の空中給油機です。鉄人とかガンダムの顔に似てませんか。
顔とイーグル


輸送ヘリCH-101 こりゃトンボ顔ですね。
顔とイーグル


海兵隊のF/A-18ホーネット戦闘攻撃機 お月見の団子って感じかな。
顔とイーグル


P-1哨戒機 ミーアキャットの正面顔ですね、Ryan的には。
顔とイーグル


つまらないでしょ、飛行機の顔がなにに似てるかなんて。
たまにはこんな話題でもしないと知識不足を補えません。



ご存知、空自のF-15J戦闘機です。親戚のおじさん顔。
顔とイーグル


F-15Jを載せたついでに特集してみます。
顔とイーグル


PR用に大量のパンフレットを積んできたはずだけど積むスペースあるんですかね。
ひょっとして翼下のタンクに仲間向けの九州土産とか着替えなど出張セット一式積めるんじゃないかと妄想するんですが。
顔とイーグル


プラモが趣味の人はこの汚れが参考になるでしょう。
想像以上にススけてるし汚れてます、きれい好きには放っておけませんね。
顔とイーグル


旧ソ連のMIG-25に似てるでしょ、ってご存知ないかな。
デザイン的には米軍がMIG-25をパクって開発した機体です。
顔とイーグル
モデル              NEX-5R
色空間              sRGB
ソフトウェア      SILKYPIX(R) Developer Studio 4.0 4.0.103.0
撮影日時            2014/09/14 10:37:55
ISO感度             ISO100
シャッター         1/400
絞り値              F9.0
レンズ              E 20mm F2.8
露出補正            -0.3EV
測光方式            パターン測光
露出モード         露出自動


人気があるといってもこの程度の人だかり、
浜松や小松の基地祭だったらこんなものじゃ済まないでしょう。
顔とイーグル


日本のテニス界が熱くなってきました。
伊藤とか西岡が世界の強豪を破ってます、錦織効果ですね。

カープも2位確定目前、今夜の阪神戦で決めちゃいましょう。



==========================
機材/α77
   SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM
   タムロンAF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical MACRO

   NEX-5R
   SONY E 20mm F2.8

昨日の歩数(8,321)


コメント

_ ヒロ ― 2014年10月01日 21時44分

確か長距離移動用に、外部トランクあったと思うのですが?
パンフレットぐらいだと座席の後ろにも積めたと思うのですが・・・

KC-130Jの正面顔を拝見していたら、ワイパー正面のガラスには無いですね、両サイドには付いてるのに。
両サイドのワイパー、飛行中は役に立たないと思うのですが。

此れだけ正面顔のアップを拝見すると色々と想像出来て楽しいです。

そう言えば、航空雑誌に載ってましたが
横須賀で「そうりゅう」型のどれか、上部デッキを一般公開してますね、大阪湾とかでやってくれないかな。

_ ヒロさんへ ― 2014年10月02日 03時27分

考えてみると、我々だって出張で大荷物があるときは
あらかじめ現地に宅急便で送ったりしてますよね。
意外とクロネコ辺りが妥当な線かもしれませんよ。

ワイパーは地上で誘導されるときに使うんでしょうか?
確かに飛行中は役に立たないでしょうね、
高速で雨も埃も吹き飛ばされるんでしょうから。

はい、潜水艦のデッキ公開は他所さまのブログで見たことあります。
デッキを歩いて降りるだけの見学ですね。
ま、いつかの我らみたいにデッキの好きなところをうろついて
写真撮り放題なんてできないでしょうけど。

そう思うと、あれは貴重な体験でしたね。
記憶がかなり薄れてますけど。

_ ヒロ ― 2014年10月02日 21時07分

今更ですが、あの時のRyanさんの雄姿が写ってる写真データお送りしてましたかね。
あの時は、あまりに幸福感が強くて帰宅してからもボーっとしていて、よく覚えていないんですよ。
船内はカメラ禁止だったから、出来るだけ記憶を大切にしたいと思って、写真も最近まで見直してませんから。

_ ヒロさんへ ― 2014年10月03日 05時53分

そうですね、懐かしいです。

もう陸橋を渡るときからワクワクの絶頂でしたからね。
艦橋脇の狭いスペースを手すり持って渡ったのもよく覚えてます。
艦首から艦尾まで撮りまくれたのが夢のようでした。

艦内は舞い上がってしまって記憶が薄くなってますね。
魚雷室の狭い隅っこで寝る隊員がいるとか
僅かなベッド位置の違いで快適さが違うとか
艦尾でむき出しのプロペラシャフトとか思い出すけど。

艦内で乗組員が6、7人いましたかね。
みんな30代くらいかなあ、顔なんかぜんぜん浮かびません。

現像をやり直して、また話題にしてみましょうかね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
五みたいな字です。

コメント:

トラックバック