追憶の潜艦2014年10月05日 07時08分

潜水艦を“潜艦”と略せるのかどうか自信ないけど
“追憶の潜水艦”じゃちょっと野暮ったいので“追憶の潜艦”です。
セガール主演の“沈黙の戦艦”みたいでかっこいいでしょ。


なぜ追憶かというと去年実際に乗って見学したから。 当時の記事
追憶の潜艦


最近ヒロさんからもらったコメントで懐かしくなって再登場です。
追憶の潜艦


蔵出し初現像です、似たようなのいっぱい撮ってRAWの未現像があるんです。
追憶の潜艦


気味悪かったのはここをすり抜けるときですね、手すりはあるけど足元狭いし。
もう目一杯ドキドキしてるし転落したらカッコ悪いし迷惑かけるし緊張しました。
追憶の潜艦


後ろから前から心ゆくまで潜水艦撮りしました。
冥土の土産、もうこんな経験はないでしょう、でも生きてりゃあるかも??


艦旗を挿す穴もちゃんと仕掛けがあります。
出港すると外します、水上艦は掲げたままだけど潜水艦は例外ですね。
追憶の潜艦


出港時にデッキにあるパネルのボルトを締める道具ですね、なんて呼ぶんだろ。
レンチとかトルクなのかな。
追憶の潜艦
水上艦と違って潜水艦は一旦潜るとどうにもなりませんからね、
ボルトは念入りに締め付けて最後はハンマーで叩いたりもします。


写真が撮れるのはデッキの上からだけでセイルに上がったり艦内は撮れません。
それでもじゅうぶん堪能しました、こうして眺めてると懐かしいです。
追憶の潜艦


過去の関連記事はこちら → クリック


今日はフェリーで呉に行く計画だったけど台風来てるしなあ。
“日曜日の艦艇一般公開”は護衛艦「うみぎり」です。
行きたいけどなあ、天気悪そうだし。

ちょっと悩ましい日曜日の朝です。


==========================

機材/α700
   SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DCほか

昨日の歩数(19,883