続・回天の島へ2015年07月08日 04時56分

う~ん、いまひとつ乗り切れないカープ。
黒田選手が投げて負けてしまいました。


さて“回天の島・大津島レポート” 完結の見込みもないまま続けます。
続・回天の島へ


徳山港から旅客船「鼓海Ⅱ」に乗れば20分弱で馬島港に到着です。
続・回天の島へ


港からほんの5分も歩けば回天訓練基地の跡が見えてきます。
続・回天の島へ


山を繰り抜いた大きなトンネル、これも当時の遺構です。
続・回天の島へ


トンネルの途中には回天の解説パネルが・・・。
続・回天の島へ


トンネル入り口から5、6分も歩けば回天の訓練基地跡に出ます。
続・回天の島へ


回天の基地は全国に4ヶ所あったそうですが、
当時の遺構が見られるのは大津島だけです。
続・回天の島へ


こっちは「回天記念館」ここは元々兵舎があった場所なんですね。
続・回天の島へ


魚雷に操縦席を付けて人力で誘導しようとした兵器、それが「回天」でした。
続・回天の島へ

こうした兵器は「回天」のほかにもありましたが命中以前に操縦士が脱出する手段が「回天」にはありませんでした。なんとかできなかったんですかね。


記念館から港までの一帯すべてが海軍の魚雷発射試験施設でした。
続・回天の島へ


港へ戻ってきました、帰りはこっちのフェリーに乗ることにして・・・
続・回天の島へ


1時間ほど出港まで時間があったので港の近所を撮り歩いてみました。
続・回天の島へ


続・回天の島へ


コンビニも食事処も無さそうです、当然スタバなんかありません。
続・回天の島へ


お、猫がいたいた。
続・回天の島へ


こういうのに出逢えるのはうれしいですね。
続・回天の島へ


“怪しい見たことないのが来たな”って思ってるんでしょうね。
警戒はしてるけど、飛んで逃げるようなことはありません。
続・回天の島へ


あそこにもう一匹います。
続・回天の島へ


これ港の待合所にいた猫じゃないのかなあ、ズンズンと寄ってきます。
続・回天の島へ


更に別の猫が出現、Ryanはこういう遭遇がうれしくてたまりません。
続・回天の島へ


島の猫の特徴なのかな、みんな警戒するんだけど寄ってきます。
村の長老みたいな感じですね。
続・回天の島へ


戦時中もきっとこんな野良猫がいて兵士の心を癒やしたんでしょう。

魚雷は呉の海軍工廠で開発、製造されてここで発射実験されてました。
呉湾周辺にも艦砲をはじめ各種試験施設はあったのに
なぜ山口県の徳山沖に魚雷の実験場が作られたか興味が湧きます。
なにか地形の利があったんでしょうね。


猫もいっぱい出てきたことだし、まだまだ大津島レポ続きます。

==========================
機材/α700
         Tokina AT-X 116 PRO DX AF 11-16 mm f/2.8
         TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di

昨日の歩数(4,477)


コメント

_ kan ― 2015年07月08日 08時28分

回天、少し前にTVでも観ましたが、戦争によって人間そのものが
全然変わってしまう怖さも感じました。
片道切符だけの燃料を載せて、最悪敵の艦体に特攻死出来なかった
事を考えて、出発前に上の人から短刀を持たされたらしいですね。
それは勿論海底で窒息死するより切腹の為に。。。
地球上から戦争がなくなる世の中になることを願います。

_ なお ― 2015年07月08日 08時40分

港をおりてからの…景色
なんだか とても切ないです。多分昔とそうも変わらないだろう景色だと思うから…時間は流れても 刻がそこだけ止まったような感じですね。


カープ。今日は どうでしょうか?
私が真面目に見たら 必ずといっていいくらい 負けてしまいます(._.)


日曜日は 呉ですか?
私は日曜日珍しく休みになりましたよ。

_ kanさんへ ― 2015年07月09日 06時59分

そうですね、集団心理というのか時代の流れというのか。

でも、もし戦争が起こって国が無くなるかも知れない。
父母兄弟、愛する人をなんとか救いたい、
自分でできるならなんとしても守りたい。
戦友が逝くなら次こそ自分も後を・・・。

そんな心理と覚悟じゃないでしょうかね。

短刀、国からいただくことは名誉なことだったはずです。
武士として勇気や覚悟の印として渡されたものでしょう。
自決するならピストルのほうが楽そうですが。

重いですね、平和がいいです。
わざわざ法の解釈を曲げることないと思うんですけどね。

_ なおさんへ ― 2015年07月09日 07時05分

呉の艦艇見学はなんか現実味が無いというか
気分すっきり、凛々しくて爽やかな感じさえします。

この島の戦跡がもつ雰囲気とはぜんぜん違いますね。
兵士の生活感がまだまだ伝わってきますから。

そうですか、日曜日ごいっしょできるといいですね。

_ MJK ― 2015年07月09日 22時55分

こんばんは
回天の島ですか。重い歴史を感じる場所ですね。
ニャンコたちに少しほっとしました。

_ MJKさんへ ― 2015年07月10日 06時42分

今年は戦後70年の節目の年なんですね。
だからというわけじゃないけど前々から興味あって行ってみました。
ここに限らないけど兵舎跡、砲台跡、地下壕跡とか戦争遺跡は今でも生々しいです。
生活感が伝わってきますから。

岐阜にもきっとなにかあるでしょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
五みたいな字です。

コメント:

トラックバック