サブマリン今昔2015年12月22日 04時54分

大阪のさなえさんからエストニア旅行で撮られた写真をいただきました。

さなえさんは“呉の艦艇見学会”繋がりで知り合ったミリタリーファンです。
ファンというよりRyan以上にマニアかも知れないけど。


サブマリン今昔


エストニアのタリンという町にある海洋博物館だそうです。

エストニアと聞いてもRyanはパッと地図が浮かびません。
まあヨーロッパの北の方ってことにしておきましょう。

そこに展示してあるイギリス製潜水艦「レンビット」です。


操舵室、シンプルですね。潜舵、横舵を別々に操るタイプみたい。
サブマリン今昔


この辺りの雰囲気は現代の潜水艦とよく似てます。
サブマリン今昔


エンジンルームですね。Ryanはこういうの苦手、修理できません。
サブマリン今昔


潜水艦に付き物の魚雷発射管です。左端にあるのはベッド?
サブマリン今昔


いいですね、このアングル。三脚立ててじっくり撮りたいシーンです。
サブマリン今昔


照明が雰囲気いいですね、カメラの写りもレトロチックです。
サブマリン今昔

さなえさん、ありがとうございます!
また呉でお会いしましょう。



さてこちらはRyanが撮った現代の海自主力潜水艦です。
サブマリン今昔

これ撮ったのは2年前の夏です、あの日からもう2年、懐かしいです。


内部の写真撮影は不可、秘密が詰まってます。
サブマリン今昔


外観はどうにか許可してもらったけど。
サブマリン今昔


見ただけじゃ鉄の成分とか構造がわからないからでしょう。
サブマリン今昔


目標が通りそうな場所に潜んで情報収集したり狩るという役割は
今も昔も変わりません。


セイルにある丸い穴は警笛です、出航時に猛烈に甲高い音がします。
サブマリン今昔


甲板パネルのボルトを締め付けるレンチです。
これで締めて最後はハンマーでパネルを叩いて締め付けを確認します。
サブマリン今昔


惜しいですね、日本海軍の瑞鶴や大和が残ってたらな。
今ごろは若い女の子で溢れる観光スポットになってただろうに。

呉で“伊400”が展示されてたらRyanは毎週でも行きますよ、
惜しいですね、つくづく。


==========================
機材/α700(海自潜水艦)
   SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DCほか

昨日の歩数(11,733)