江波山気象館2016年01月25日 05時25分

江波山気象館
モノクロで撮ったかな?っと思ってよく見たら色が付いてました。


土日は仕事だったし異常な寒さでまったく写真撮れず。
カメラだって氷みたいに冷えきって持ってられません。

ということで蔵出し、先週行った江波山の気象館です。
柳田国男著「空白の天気図」で一気に有名になった被爆建物です。


江波山気象館


空調工事の関係で本館は見学不可、おかげで入館無料でした。
江波山気象館


目的は屋上からの眺めだし、館内は以前に何度も見てますからね。
江波山気象館


ここの3階屋上は展望台になってて、
江波山気象館


こんな感じ。太田川がすぐそばを流れてます。
江波山気象館


東西南北、見渡せます。こんな環境の整った展望地はほかに知りません。
江波山気象館


あの奥が都心というかビジネス街、Ryanの職場もあの向こうです。
江波山気象館


西方面、ずっと向こうが山口県の萩とか長門とかの方向ですかね。
江波山気象館


大雑把に云って東方面、広島駅とかあります。
江波山気象館


レトロとモダンが入り混じった別館、不思議と落ち着けます。
江波山気象館


爆心から3.7キロ、多くの職員が負傷しながら観測を継続したそうです。
江波山気象館


あの山の上にあります、なかなか見どころ満載のいいところです。
江波山気象館


暖かくなったら桜を撮りにまた来てみましょう。
公園としてもよく整備してあります。


さて今朝は冷えるけど雪は降ってません。
不思議と日が昇って出勤時間近くになると降るんですね。
早めに出ないと、休むわけにいきません。


==========================
機材/α7Ⅱ
         MINOLTA AF ZOOM24-85mm F3.5-4.5
         M-ROKKOR 40mm F2 ← 間違い
         MINOLTA AF Zoom 100-200mm F4.5(ラストの1枚)

昨日の歩数(8,091)