特集・スクラップ潜水艦2016年06月27日 05時37分


特集・スクラップ潜水艦


ヒロさんのリクエストにお応えして
スクラップ潜水艦の話題、特集いきます。

このシーンを撮っててなんかおかしい、変だなあ・・・
思ってたんですよ、なんか違うなあって。

ようやく分かりました、なんで違和感があったか。



なにか分かります?  この一枚からでも分かりますよ。
特集・スクラップ潜水艦


潜舵がありません、すでに潜舵の解体作業が終わっていました。
特集・スクラップ潜水艦


4月末にもここで撮ってるんです。
特集・スクラップ潜水艦


潜舵がセイルにありますよね。
特集・スクラップ潜水艦


これは去年の秋、まだSS桟橋で保管されてた頃の写真です。
特集・スクラップ潜水艦


それが今こうなってます。
特集・スクラップ潜水艦


これもいいけど、スクラップのほうがリアルというか生活感あります。
特集・スクラップ潜水艦


さて、なんとか別のアングルを撮りたくてウロウロしてみたけど。
特集・スクラップ潜水艦


どうがんばっても、せいぜいこの程度。
左舷の外板も一部剥がされて
吸排気系のパイプらしいパーツが剥き出しです。


特集・スクラップ潜水艦


カーブミラー、どうも別アングルはあきらめたほうが良さそうです。
特集・スクラップ潜水艦


鉄の塊だけど重量どのくらいでしょう、
呉の「あきしお」が見学用に改造して2,000トンですからね。
特集・スクラップ潜水艦


モーゼ氏によると起重機船「洋翔」が持ち上げて陸揚げしたそうです。
特集・スクラップ潜水艦


スーパーライナー「おがさわら」もスクラップ待ち状態、
長いことここにあります、初めてみたのは2012年ですからね。
特集・スクラップ潜水艦


こんな場所です、まともに撮れるのはこの岸壁からだけです。
特集・スクラップ潜水艦


解体事業者の入札参加資格が公開されてます、いろいろ厳しい条件があって
特集・スクラップ潜水艦


(8)鋼船の解体を効果的かつ効率的に実施できる設備又は
         同等の設備及び技術を有していること。

(12)解体箇所が外部から見ることができないようドック又は
          遮蔽物等の設置が可能であること。


(14)本件に従事しない全ての者について、本件に関係する
          全ての物件等に接することができないようにすること。


                       【除籍潜水艦売払に関する契約希望者募集要項より抜粋】


スクリューが隠してあるのは羽の枚数で速力が推定できるからです。
いざ合戦となったときに不利になるから最も重要な機密扱いになってます。
特集・スクラップ潜水艦


いつまでこんな姿が見られるんでしょう?
スクリューはもちろん潜望鏡とかアンテナ類、艦内機器にエンジンとか
バッテリーとかは取り出すでしょう。


そうなるとやっぱり全体を隠すんですかね。


特集・スクラップ潜水艦


解体現場の脇には“おおすみ型輸送艦”が積んでる
エア・クッション型揚陸艇(LCAC)の整備所があります。
特集・スクラップ潜水艦
運が良ければLCACの訓練シーンが見られるそうです。
この日は残念ながら空っぽでしたが。


ヒロさん、こんな感じです。
リクエストにお応えできたでしょうか。


さて昨日のカープ、18年ぶりの9連勝しました。
いろんなドラマ、勝ち方があるものです。


==========================
機材/α7Ⅱ
         FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS
         RX100

昨日の歩数(4,784)


コメント

_ ヒロ ― 2016年06月27日 13時43分

早速いっぱいアップ有難うございます。
拝見していても興味が尽きないです。
1、潜舵は解体してあるのにスクリューはまだ、何故なんでしょうね
2、外板を一部外しているので、給排気系の装置等は外部から見える
3、セイル部の潜舵は解体されているのに艦尾の潜舵はそのまま、機密度に違いがあるのでしょうかね
「おがさわら」も含め、気になる場所です。

誘惑いっぱい!
ありがとう御座いました。

_ ヒロさんへ ― 2016年06月27日 23時17分

こんばんは、気に入っていただけてよかったです。

単に順番かなあ、と思ってます。
解体業はバラすのが仕事ですから
効率をいちばんに考えるんじゃないかな。

それにこの事業者はこれまで何度も実績あるし
今回たまたま撮れただけで慣れてるんでしょう。

スクリューの解体はおそらく隠してやるでしょうね。
現役艦の予備として再利用されるかも知れません。

どっちにしてもRyanの妄想でしかありません。
誰か関係者が事実を語ってくれたらいいんですが。

近々シートで覆われた姿の写真が撮れるかも知れません。
それはそれで興味深いものがあります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
五みたいな字です。

コメント:

トラックバック