85mm F2.8 SAMの解像感2016年11月01日 05:01


85mm F2.8 SAMの解像感


早いもので今日から11月、今年も残すところ二ヶ月となりました、
来月はまた歳拾わないといけません、まったく。

さて、写真の解像感について。
ピントぴったりで線が細くて細かいところまでよく写ってる写真に
“解像感が高いですねえ”などと使います。


85mm F2.8 SAMの解像感


逆にシャープさに欠けて細かいところが潰れてるような描写には
“甘いなあ、緩いよ”って言われます。

レンズの描写もあるけど原因のほとんどはブレですね。
ピント位置をしっかり確認してないときに起こりがちです。


85mm F2.8 SAMの解像感


さて、昨日の記事の続きです。
大手町からぶらぶら歩いて比治山に上がってきました。
85mm F2.8 SAMの解像感


本当は野良猫を撮りたくて来てみたんだけど、どういうわけか皆無。
どうしたんでしょうね、一匹も見かけませんでした、集団引っ越しした?
85mm F2.8 SAMの解像感


仕方ないから猫はあきらめてビルの見える風景を撮ってました。
85mm F2.8 SAMの解像感


帰宅してPCで眺めててふと思い付いてトリミングを試してみました。
これは元画像です、トリミング無しのそのまま。
85mm F2.8 SAMの解像感


メーカー           SONY 
モデル             ILCE-7M2
ISO感度             ISO200
シャッター       1/800
絞り値             F5.6
レンズ             85mm F2.8 SAM
露出Program     絞り優先
測光方式           パターン測光


中央部分を切り取ってみました、なかなかよく写ってます、自画自賛。
85mm F2.8 SAMの解像感


等倍サイズ付近で切り取ってみたら・・・ここまで写ってるのにびっくり。
遠くの団地も一軒ずつわかるしマンションの窓も潰れてないでしょ。
Ryanの基準ならじゅうぶんOK、単体で載せられます。
85mm F2.8 SAMの解像感


普段は滅多にトリミングしないけど
これなら使える、望遠レンズいらないじゃんって感じです。

それでちょっと“解像感”というのが思い浮かんで・・・。


85mm F2.8 SAMの解像感


写真は画面全体で見るもの、
周辺部が甘いとか重箱の隅をつつくような見方はどうでもいいけど
解像感は大事だなあと思った次第です。


さて、解像感は別にして街角スナップです。
85mm F2.8 SAMの解像感


この通りをまっすぐ行くと広島駅方面です。10分も歩けば着くでしょう。
85mm F2.8 SAMの解像感


広島はバスも多いけど路面電車が目立ちますね、
カープと同じくらい広島のシンボルです。
85mm F2.8 SAMの解像感


Mac miniのOSをEl CapitanからSierraにしてみました。
MacBook Proのほうを先にやって試しに使ってたんですけどね、
アップデーターがでてどうやら安定したみたいです。

Sierraの新機能はほとんど使うこと無いんだけど
OSが最新というのは安心感があります。


==========================
機材/α7Ⅱ
         SONY 85mm F2.8 SAM

昨日の歩数(7,485)


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のため質問にお答えください。
西にそっくりな今年の干支を漢字一文字で書いてください。

コメント:

トラックバック