B&W 江波山気象館2017年12月17日 07時41分


B&W 江波山気象館


モノクロ写真、英語では単純にblack-and-white photoなんだそうです。

昨日はそのB&W写真を狙って江波山へ行ってきました。
レトロな洋館ならモノトーンがぴったりきそうな感じがしたので。


B&W 江波山気象館


B&W 江波山気象館


壁に食い込んだガラスの破片、気象館は被爆建物でもあります。
B&W 江波山気象館


B&W 江波山気象館


昭和9年に建築された広島測候所本庁舎を保存整備し
気象博物館として一般公開されています。


B&W 江波山気象館


B&W 江波山気象館


昨日の天気はまずまずの晴れ、でも風が冷たかったです。
B&W 江波山気象館


B&W 江波山気象館


この金属や石の艶が歴史の重みを感じさせます。
B&W 江波山気象館


B&W 江波山気象館


花とか彩りの枯渇する冬場にモノクロ撮影はいいかも知れませんね。
B&W 江波山気象館


機材/α7Ⅱ
         マウントアダプター LA-EA4
        TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di
        MINOLTA MC W.ROKKOR35mmF2.8

昨日の歩数(3,643)


コメント

_ Mt.lion ― 2017年12月17日 09時36分

モノクロ撮影する時、フィルター効果を使うと明暗を変えることが出来ます。
植物を撮る時、遠景風景、街並みと
色々とフィルター設定を変えると面白いですよ。

RAWで撮っていれば後からフィルターを追加することも出来ます。
お薦めです。
でもLion のモノクロはこれらとは違いますので
同じようにはいかないです。

_ Mt.lionさんへ ― 2017年12月20日 07時16分

今回はRAWで撮ってみました。
RAWなら多少間違えても階調が残せるかなと・・・

モノクロはやっぱい難しいです。
そのつもりじゃないと撮れませんね、
頭がどうしてもカラーで考えて見てしまうというか・・・

ま、諦めずにいろいろ試してみますよ。
単純じゃないってことがよくわかりました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
つらいのはフーテンの●さん

コメント:

トラックバック