タイガーの履帯2021年01月23日 05時03分


タイガーの履帯


毎朝、明るいニュースは無いかとチェックするんだけど
なかなか無いですね。
新型コロナは相手を選んで感染するわけじゃないのに、
感染した自分自身を追い込むとは、なんともやるせないです。
社会全体で心のケアが必要なんだけど・・・

さて、昨日はドイツの3号戦車をチラッと紹介したけど
戦車プラモの定番、王道といえばなんといってもタイガーでしょ。
Ryan的にはパンサー、シャーマンに並んで絶対に外せないのが
ドイツのタイガー1です。


タイガーといえばこの独特の足回りの複雑な構造ですね。
タイガーの履帯


この転輪配列、初めて見たときから子供心に“交換が面倒”と思ったです。
タイガーの履帯


奥にある1枚のために手前を全部外すんだから、面倒極まりないでしょ。
タイガーの履帯


こんな複雑な構造をとらないと60トン近い重量を支えられないとは。
タイガーの履帯


実車はともかくプラモはこの足回りの再現がタイガーの肝になります。
タイガーの履帯


何トンもある履帯が自重で垂れ下がるのを表現するのも見せ場の一つ。
タイガーの履帯


最近のプラモじゃこうやってギアに1枚ずつはめて組むやり方です。
タイガーの履帯


昔は単にゴムバンドだったけど最近のは実物と同じように組むんですね。
タイガーの履帯


ただ、長い直線部分は1枚モノになってて作りやすく考えてあります。
タイガーの履帯


その直線部分をカーブさせて垂れ下がりを表現するようになってます。
タイガーの履帯


工作で気をつけないといけないのが、直線以外の部分の組み方ですね。
タイガーの履帯


なぜか最後の1枚だけじゃ長さが足りない、なんてことが起きます。
タイガーの履帯


失敗慣れしたRyanは、この程度じゃ慌てなくなりました。
タイガーの履帯


“長さが足りなきゃ、足せばいい”ってことで他のパーツで埋めます。
タイガーの履帯


どこをどう埋めたかわからないでしょ、これで彩色すれば完璧です。
タイガーの履帯


筆塗りで奥の方をどうやって塗るかは、これから考えます。
タイガーの履帯


塗ってから組むか、組んでから塗るか、いつも悩ましいところです。
タイガーの履帯

プラモは実はまだストックがあって3号戦車やタイガーの次に
大物が控えてます。単に大きい、精密というだけじゃなくて
Ryanが子供心になぜか昔からいちばん好みの戦車だったからです。
近々、手を付けたらご紹介しましょう。

さて、今日はもう土曜日なんですね、週末。
去年までは週末が楽しみだったのに、いまじゃ毎日が週末です。
どうしようかな、天気次第かなあ。


機材/DSC-HX30V
         α7Ⅱ+マウントアダプター LA-EA4
         SONY 85mm F2.8 SAM(74式)



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書くと?
つらいのはフーテンの●さん

コメント:

トラックバック