プラモ便り-ファイアフライ2021年02月08日 05時05分


プラモ便り-ファイアフライ


定年退職を機に再開した趣味のプラモ作り、
元々好きというのもあるけど、新型コロナに対応して
“おこもり”生活を過ごすのにちょうどいい、というのもあって
年末から続いてます。

最新作はこちら、第二次大戦で英軍が運用した
ファイヤフライ(ホタル)という戦車です。


中央、米国製シャーマンを英軍が独自に改良したのがファイヤフライです。
プラモ便り-ファイアフライ


ファイヤフライと同じく英軍の装甲車、スタッグハウンド(猟犬)
プラモ便り-ファイアフライ


自衛隊の61式と比べると似たようなサイズです。
プラモ便り-ファイアフライ


ついでに作り溜めた車両の集合写真、スケールは1/48とか1/74とか
プラモ便り-ファイアフライ


1/48サイズを集めてみました、エイブラムスがずば抜けて巨大ですね。
プラモ便り-ファイアフライ


英軍車両の集合写真、中央が有名なオフロード四駆のランドローバー、
プラモ便り-ファイアフライ


今でこそ超高級なSUVだけど、元々は軍用車からのスタートです。
プラモ便り-ファイアフライ


並べて気がついたけどランドローバー以外は、原型が米国製でした。
プラモ便り-ファイアフライ


戰の歴史が豊富な英国でも、重装甲の車両開発は遅れてたってことかな?
プラモ便り-ファイアフライ


戦車発祥の国のはずなんだけど運用の発想が違ったんでしょうね。
プラモ便り-ファイアフライ


同じ島国の日本が軽戦車しか開発してないのと似てますね。
プラモ便り-ファイアフライ


「弊会の先週の森会長の発言はオリンピック・パラリンピックの精神に反する不適切なものであり、会長自身も発言を撤回し、深くお詫びと反省の意を表明致しました。・・・」と始まる組織委員会ホームページの声明文。

発言を撤回、って無かったことにするってことでしょ。
ならないでしょ、無かったことに。
政治家って撤回ってすぐ使うけど軽すぎ、なんの意味もない。

自分はその役職にふさわしくなかったと認めて辞任するしか無いでしょ。
相手はオリパラの精神ですからね。


機材/α7Ⅱ+マウントアダプター LA-EA4
         SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書くと?
つらいのはフーテンの●さん

コメント:

トラックバック