戻ってきたα7Ⅱ2021年08月06日 04時29分


戻ってきたα7Ⅱ


修理に出してたα7Ⅱが7日ぶりに帰ってきました。
修理完了の知らせが入って2日めです。
思ったより早く治ってよかったです。


開封の儀
戻ってきたα7Ⅱ


修理明細書、実際の修理代は見積もりより約20%減でした。
戻ってきたα7Ⅱ


いっしょに入ってたカメラの取り扱い要領
戻ってきたα7Ⅱ


これが戻ってきた中身
戻ってきたα7Ⅱ


不良パーツのMBチャージユニット、これを交換したんですね。
戻ってきたα7Ⅱ


小さなモーターとギアが付いてイメージセンサーを囲むパーツみたい。
戻ってきたα7Ⅱ


修理が完了したα7Ⅱ本体
戻ってきたα7Ⅱ


埃が入り込まないように真空パックされてます。
戻ってきたα7Ⅱ


じゃ~ん、修理ができたα7Ⅱ、戻ってきてうれしい。
戻ってきたα7Ⅱ
修理と合わせて液晶パネル、外装、ファインダーが清掃済みでした。


どこをどう分解したのか興味をそそるけど・・・
戻ってきたα7Ⅱ


再登場、こいつが不具合の原因でした。
戻ってきたα7Ⅱ


カメラに入れて送ったバッテリーは別梱包で戻ってきました。
戻ってきたα7Ⅱ


とりあえず動作確認、ちゃんとシャッター切れました。
戻ってきたα7Ⅱ


クリーニングクロスがおまけに付いてきました。
戻ってきたα7Ⅱ


今日は持ち出して実写テストする予定、
行き先はまだ決めてないけど。

ぼやきたいことは山ほどあるけど今朝は自制、
8.6ですからね、平和を願い実感する特別な日、合掌


機材/DSC-RX1

昨日の歩数(2,745)



コメント

_ Mt.Lion ― 2021年08月06日 07時23分

早かったですね
チャージユニットの故障ですか。
これもシャッターの一部だから寿命ですね

同梱されていた取り扱い要領書の中身に興味があります

_ Mt.Lion ― 2021年08月06日 08時02分

連投ごめんね

まさかと思ってa7Ⅱの仕様を調べてみました。
ちょっと仕様に驚きました。
無音、サイレントは同意語で電子シャッターのことなんだけど
使えないんですね。

ハイブリッドの電子先幕とメカの2種類だけだったんですね
知りませんでしたm(_ _)m

大口径と高速シャッターの関係ですが
恐らくセンサーの読み出し速度が遅いため
画像生成にエラーが出やすいのだと思います。
滲みや歪みがエラー画像としてSONYは認識しているようです

この辺がまだミラーレスは駄目だと言われていた理由かもしれません。

_ Mt.Lionさんへ ― 2021年08月06日 09時10分

Mt.Lionさん、いろいろありがとうございます。
頼りになります、励みになるし助かります。

取り扱い要領はごく一般的なもので初心者向きかと思います。
レンズ交換の仕方とか接点に触れるなとか汚れの拭き方とか。
マニアックなことはなにもないです。

ソニーのサイトにこんな記述があります
==========================
以下の場合は、[電子先幕シャッター] を [切] に設定してお使いください。

大口径レンズを装着して高速のシャッタースピードで撮影する場合
[電子先幕シャッター] を [入]で撮影すると、被写体や撮影環境によってボケ像が欠けることがあります。

ミノルタ/コニカミノルタ製レンズを使用する場合
[電子先幕シャッター] を [入]で撮影すると、適正露出にならなかったり、画像の明るさにムラが出たりします。
==========================
古いレンズが多いので今後は [切] を前提で使うつもりですが。。

α7Ⅱには元々無音撮影の機能は無いんです。
確かα7Sからじゃないかな、なにせ6年前の機種ですからね。
α7Ⅲは無音ができるけど、あれは似て非なるもの、
バッテリーは違うしα7シリーズとはいえ別物ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
つらいのはフーテンの●さん

コメント:

トラックバック