愛機チェック2022年06月13日 16時25分


愛機チェック


RX1を眺めてて、ふと思ったのが絞りリングの数字
4・5.6・8・11・16・・・・とありますね、F値です

レンズ設計のときに、どこかを基準にして性能を決めるはず、
中間の数値もあるけど、おそらくF8とかF11でレンズ性能を
最高に発揮できるように設計してるんじゃなかろうかと・・・


絞り開放もいいけど本当はF8が最高の写りじゃないかと、ふと思って
愛機チェック

次からはF8、F11を積極的に使ってみようと思ってるわけです
愛機チェック

わざわざ数字が刻んであるんだから重みのある数字でしょ
愛機チェック

さて、レンズフードについて
愛機チェック


どうもフード内で光が乱反射してる気がして、
内側にパーマセルテープを貼ってみました


気分的なものだろうけど、これで晴天野外の逆光でも安心です
愛機チェック

使い込んでるα7Ⅱ
愛機チェック

ここしばらくAPS-Cのα77を使ってたんだけど
やっぱり写り具合はフルサイズセンサーのα7Ⅱが良さそうです

撮れた画質とか色の深みが違うような気がしてメイン機に戻します
愛機チェック

マウントアダプターや縦位置グリップもあることだし
愛機チェック

メカシャッターの動作が不安定だけど、そこは我慢して潰れるまで・・・
愛機チェック

24-240mmのこれが、コンパクトっていう評論家がいるんだけど
愛機チェック

でかいでしょ、重いし、コンパクトってこんな感じですよ
愛機チェック

究極のスナップシューター  M-ROKKOR 40mm F2との組み合わせ
愛機チェック

一時期マクロレンズばっかり漁ってました、ほかに180mmも数本
愛機チェック

MINOLTAのOLDレンズたち、安物だけど写りは一流、満足いくものです
愛機チェック

勤め人時代はカメラやレンズの手入れなんて
なかなか落ち着いて出来なかったけど今は時間を気にせず
夜中だろうと早朝だろうと思い立ったらいつでもできます

整理処分してもいいんだけど、どうせ二束三文だから
だったら処分は後回しでもいいかと・・・


機材/α77
         TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di

昨日の歩数(7,984)



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書くと?
つらいのはフーテンの●さん

コメント:

トラックバック