ミノルタAF双眼鏡8×222017年08月22日 06:17


ミノルタAF双眼鏡8×22


さ、今日は広陵高校の甲子園準決勝戦です。
久しぶりに広島県代表の活躍ですからね、応援しましょう。


さて、今まで何度か登場してるミノルタ製AF双眼鏡の話題いきます。
ミノルタAF双眼鏡8×22
過去記事はこちら  →  クリック


無条件にカッコいいでしょ、1990年の発売ですよ、27年前。
ミノルタAF双眼鏡8×22


ミノルタの大ヒットAF一眼、α7000の発売が1985年。
その5年後、AF技術を応用して世に出たのがこの双眼鏡です。


アイレリーフは固定式、メガネ派には辛い裸眼専用です。
ミノルタAF双眼鏡8×22


目幅調整は固定ロック付き、視度調整は左右別々にできます。
ミノルタAF双眼鏡8×22


リチウム電池の2CR5を一個、右側グリップ部分に入れて使います。
ミノルタAF双眼鏡8×22


うーん、とにかくデザインの素晴らしい双眼鏡です。
双眼鏡としての性能より近未来的なデザイン優先ですね。
ミノルタAF双眼鏡8×22

肝心の見え具合とか使い勝手ですが、正直使いにくいです。
見え味は目幅とか裸眼で視度が合えばまあまあ、くっきり観察できます。
昼間の海風景程度なら問題なくAFが効きますが・・・。

茂った小枝の中から1羽の小鳥を見つけるような使い方は無理。
マニュアルフォーカスできないAF専用望遠レンズのようなものです。
運動会とか飛行機、動き回るような被写体は付いていけません。

観光地で見せびらかすのが目的なら確実に人目を引くでしょう。
オーソドックスで手堅いニコン製とは比較になりません。


機材/DSC-RX100

昨日の歩数(9,859)


MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6(1998)2017年08月16日 04:54


MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6(1998)


昔のレンズの話題、続けます。
日曜日昼下がりの町内、猛烈に暑かったです。
使ったのはα7Ⅱに1998年製のズームレンズ。

クラシックレンズ特有の妙な色かぶりは無いし、
スカッと気持ちいい写りです。


MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6(1998)


フィルム機のαSweetに付いてた、いわゆるキットレンズ。
プラスチック製の鏡胴にマウントとコストダウンの集大成みたいな
レンズだけど写りは秀逸です。


MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6(1998)


MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6(1998)


ここは1994年のアジア競技大会開催に合わせて開発された団地です。
MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6(1998)


これらマンション群は完成前に各国選手団の宿舎として利用されました。
MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6(1998)


広島市安佐南区大塚西、通称A.CITY(エイシティ)といいます。
MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6(1998)


昔はタクシーで帰宅するのにA.CITYでは通じなくて
“選手村へ行って”って運転手さんに頼んでました。
その頃はまだ都心と結ぶトンネルが無かったですからね、
暗い夜道をくねくね山越えしてました。


MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6(1998)


20年前のレンズと思えない写りでしょ、チープな外観と裏腹です。
MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6(1998)


MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6(1998)

この手の古いAFレンズはいっぱい持ってますからね、
そのうちいろいろご紹介しましょう。

クリック


機材/α7Ⅱ
         マウントアダプター LA-EA4
         MINOLTA AF ZOOM 28-80mm F3.5-5.6


OLDレンズテスト-22017年08月15日 23:15


OLDレンズテスト-2


昨日の続き、40年以上前のレンズで撮った絵です。
マウントアダプターで蘇りました。


OLDレンズテスト-2


MINOLTA MC ROKKOR35mm F2.8
OLDレンズテスト-2


OLDレンズテスト-2


OLDレンズテスト-2


OLDレンズテスト-2


MINOLTA MC ROKKOR28mm F3.5
OLDレンズテスト-2


OLDレンズテスト-2


OLDレンズテスト-2


OLDレンズテスト-2

廿日市市の極楽寺山にある蛇の池です。
広島人で写真が趣味なら一度は行ったことあるでしょう。

睡蓮が咲いてました、鯉やカメもいっぱいいました。


OLDレンズテスト2017年08月14日 21:47


OLDレンズテスト


ごく最近、衝動買いしたレンズがこれ。
欲しかった35ミリ単焦点が2,000円で手に入りました。
40年くらい前のレンズで絞りもフォーカスもマニュアル、
AFは便利だけどこういうレンズも楽しいです。


今日はこれの試し撮りをしたくて休暇をとりました。
OLDレンズテスト


これも同時代の100ミリ単焦点、最短撮影距離1.2メートル!
OLDレンズテスト


こんな感じで写ります、まともでしょ。
OLDレンズテスト


今日はこんな昔のレンズばっかりチョイスして持ち出しました。
135ミリも持ってるんですけどね、重くなるからやめました。
OLDレンズテスト


28ミリ、これもよく写るし風景やスナップに使いやすいです。
OLDレンズテスト


右側にあるのが昔のレンズをα7Ⅱに取り付けるマウントアダプター。
OLDレンズテスト


機材撮影したのはこれ、DSC-RX100が活躍してくれました。
OLDレンズテスト


OLD単焦点の代表といえばこれですね、50ミリ標準レンズ。
OLDレンズテスト


それぞれどんなのが撮れたかみたいですか?はい、明日出しましょう。
OLDレンズテスト

場所は廿日市の極楽寺山です。
睡蓮、咲いてましたよ。

明日のBlog更新で詳しく紹介しましょう。



安芸灘とびしま海道へ2017年07月03日 06:52


安芸灘とびしま海道へ


日曜日、広島を5時スタートで安芸灘とびしま海道へドライブしてきました。

ちょっとこの掲載画像のサイズをどうするか思案してます。
昨日までは1280☓853に設定してたんだけど
絵は大きいほど凡作でも名画に見えるものなんです。


1枚目は大きすぎたので、1600☓1067を標準にしようかな。
安芸灘とびしま海道へ


昨日はこれ、α7ⅡにTokina AF11-16mm f/2.8の組み合わせをやってみました。
安芸灘とびしま海道へ


これはTAMRONの28-75mm F/2.8を使ってます。
安芸灘とびしま海道へ


岡村島の町並み
安芸灘とびしま海道へ


島の猫、ぐっすり。眠くてたまらん、て感じでした。
安芸灘とびしま海道へ


寝息が聞こえてきそうです。
安芸灘とびしま海道へ


ここは愛媛県今治市、橋でつながってて“とびしま海道”の一部です。
安芸灘とびしま海道へ


一峰寺山展望台 標高449メートルの眺望
安芸灘とびしま海道へ


山頂まで車で来れます、初めて来たけど素晴らしい眺望です。
安芸灘とびしま海道へ


帰りはもちろん“アレイからすこじま”公園に寄って・・・
安芸灘とびしま海道へ


TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD
安芸灘とびしま海道へ


機材/α7Ⅱ
         マウントアダプター LA-EA4
         Tokina AT-X116PRO DX AF11-16mm f/2.8
         TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di
         TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD


US-1とRX12017年02月03日 04:35


US-1とRX1


海自岩国航空基地、第71航空隊のUS-1Aの特集です。
ソニーのデジカメRX1のカタログを眺めててふと思い付いて。
“なんとなく名前が似てるなあ”って。


US-1とRX1


US-1は新明和工業が開発した国産飛行艇です。
波高3メートルで離着水できる能力は世界一と評価されています。

デジカメRX1もこれまた唯一無二の存在。
35ミリフルサイズセンサーを備えた超高級コンデジです。
中古でも30万円オーバーですからね、とてもとても・・・


US-1とRX1


でも欲しいなあ、撮りたいなあ、RX1とPS-1

29年度中にPS-1Aは全機退役、
後継のPS-1A改(US-2)に座を譲りますからね。
この派手な塗装も見られなくなります。


US-1とRX1


US-1とRX1

RX1RⅡ・・・欲しいけど・・・縁があれば・・・
でもたぶん手に入れることはないでしょう。

欲しくて欲しくていっぱいこれまで手にしてきたけど
すぐ次の欲しいものが現れるから。


==========================
機材/α77
         SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM
         NEX-5R
   SONY E 20mm F2.8

昨日の歩数(7,905)


SIGMA 30mm F2.8 EX DN2017年01月11日 06:02


SIGMA 30mm F2.8 EX DN


昨日に続いて縮景園の話題です。
JR広島駅前から歩いて15分程度という都心のど真ん中、
京橋川沿いにある回遊式日本庭園です。


SIGMA 30mm F2.8 EX DN


周囲は美術館や近代的な高層マンションなどが立ち並んで
背景に映り込みます、雰囲気ぶち壊しって感じだけど
まあ仕方ないとあきらめるしかありません。


SIGMA 30mm F2.8 EX DN


さて今朝の写真はぜんぶ
α7Ⅱ+SIGMA 30mm F2.8 EX DNで撮ったのを集めました。
SIGMA 30mm F2.8 EX DN


このレンズ、DP2 Merrillの開発から生まれたAPS-C用ですが・・・
SIGMA 30mm F2.8 EX DN


元々NEX5Rで使ってたんだけどフルサイズセンサーの
α7Ⅱで使ってもまったく問題ないでしょ。
SIGMA 30mm F2.8 EX DN


α7Ⅱに付けると自動でAPS-Cサイズにクロップされます。
SIGMA 30mm F2.8 EX DN


古鷹山登山、尾道風景と年末年始はずっとメインで
このレンズを使ってきました。
軽量コンパクトなのと写りのよさで使い勝手抜群です。
ファインダーがあるから細かいピント合わせも楽々できます。


フルサイズセンサーがもったいない気もするけど
せっかくのEマウントを使わないほうがもっともったいないし。


SIGMA 30mm F2.8 EX DN


メーカー              SONY
モデル                 ILCE-7M2
色空間                 Adobe RGB (1998)
ソフトウェア        SILKYPIX Developer Studio Pro 7
撮影日時              2017/01/09 13:02:18
ISO感度               ISO100
シャッター           1/80
絞り値                 F8.0
焦点距離              30.0mm
レンズ                 E 30mm F2.8
露出Program       ノーマルプログラム
露出補正              0.0EV
測光方式              パターン測光
35mm換算焦点距離    45mm
露出モード           露出自動
SIGMA 30mm F2.8 EX DN


この日は成人の日でした、晴れ着姿もチラチラと。
SIGMA 30mm F2.8 EX DN


年頃の娘がいたらなあ、Ryanも連れ出したのに。。
SIGMA 30mm F2.8 EX DN


今年は暖かいし雪もみませんね、まだこれからかな。
SIGMA 30mm F2.8 EX DN


ほぼ最短撮影距離の30センチで撮るとこんな感じ、F4.5です。
SIGMA 30mm F2.8 EX DN

縮景園の紹介と
Eマウントレンズをもっと活用しようという話題でした。

FEレンズは種類が少ない、値段が高いとボヤいてないで
α7シリーズをお持ちの方はEマウントを有効に使いましょう。



==========================
機材/α7Ⅱ
   SIGMA 30mm F2.8 DN
         RX100

昨日の歩数(7,359)