海の色、空の色2016年09月28日 04:44


海の色、空の色


昨日の続きです。
もう説明はいらないでしょう。

海と空の境がきれいでした。


海の色、空の色


海の色、空の色


海の色、空の色


海の色、空の色


海の色、空の色


海の色、空の色


海の色、空の色


海の色、空の色


仕事が遅くなって日が暮れてしまい、夕陽もいっぱい撮れました。
海の色、空の色



機材/α7Ⅱ
         SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
         TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di
         マウントアダプター LA-EA4
         M-ROKKOR 40mm F2         DSC-RX100


昨日の歩数(5,720)


山口県・角島大橋2016年09月27日 05:57


山口県・角島大橋


ポケットWi-Fiがあればどこでも繋がると思ったら大間違い。
日本海側にはまだまだ圏外のところがあります。
おかげで昨日はブログ更新できませんでした。ま、たまにはいいけど。

さて、山口県下関市豊北町の角島大橋です。
ここは下関市なんですね、びっくり。


現場の移動中にちょうどルートだったので休憩がてら撮ってみました。
十数年ぶりです。


山口県・角島大橋


これだけ立派な橋なのに通行は無料です、生活道路ってことかな。
山口県・角島大橋


山口県・角島大橋


海の色と水平線の直線がきれいでしょ。
山口県・角島大橋


ダンプカーは似合いません、かっこよさそうなのが通るまで待ちました。
山口県・角島大橋


ぜんぶで4種類かな、いろんなレンズで撮った違いがわかりますかね。
山口県・角島大橋


展望休憩所完備
山口県・角島大橋


凄いでしょ、この海の色。昨日はいい天気に回復しました。
山口県・角島大橋


斜めってみると・・・これもまあいいか。
山口県・角島大橋


橋の入口です、交通量が多いから気をつけましょう。
山口県・角島大橋


トップの3枚はここに上がって撮りました。
山口県・角島大橋

お気づきでしょうか?
今回のRAW現像からガラッとやり方を変えました。
いわゆるオートプリセットは使ってません。
手間だけど色にこだわって現像してみました。

まだまだ未熟、慣れないけど自然でいい感じと自画自賛です。


==========================
機材/α7Ⅱ
         SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
         TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di
         マウントアダプター LA-EA4
         M-ROKKOR 40mm F2
         DSC-RX100


昨日の歩数(14,188)


湧永庭園へ2016年09月25日 07:23


湧永庭園へ


昨日の土曜日、ダリア撮りを狙って
安芸高田市の湧永満之記念庭園へ行ってきました。
世羅のダリア園に比べたら数はぜんぜん少ないけど
ちょうど見頃、咲いてましたよ。


湧永庭園へ


ここは年に一度は必ず来てます。
広島市内の我が家からちょうど1時間くらいのドライブ。

春の桜、初夏のバラ、秋のダリアと紅葉・・・
手入れは行き届いてるし落ち着ける庭園です。

過去記事はこんなの  →  クリック


湧永庭園へ


湧永庭園へ


湧永庭園へ


湧永庭園へ


湧永庭園へ


湧永庭園へ


湧永庭園へ


湧永庭園へ


朝10時の開園とほぼ同時に入園しました。
昼頃になってやっと来場者が増えてきたかな。
増えたといっても園内が広いからパラパラですが。


湧永庭園へ


湧永庭園へ


今日は泊まりの出張で長距離ドライブになります。
3時間で着くかなあ、今日はたちまち現場に行くだけなので
カメラとレンズ、いっぱい積んで行きます。


==========================
機材/α7Ⅱ
         SIGMA 180mm F2.8 MACRO
         MINOLTA AF MACRO 100mm F2.8
         マウントアダプター LA-EA4

昨日の歩数(4,734)


秋日和2016年09月24日 04:09



秋日和


昨日は山口に出張でした。
いい天気に回復して秋というより夏に戻った感じでした。


山口って意外とうどんが名物なんですね、知らなかった。
秋日和


現場の近くにあった花壇より。
秋日和


秋日和


秋日和


機材/DSC-RX100
         α77
         TAMRON AF 55-200mm F/4-5.6 Di II


昨日の歩数(15,950)



広島・草津漁港2016年09月23日 04:00


広島市西区の草津漁港です。
広島・草津漁港


似島・江田島方面
広島・草津漁港


灯台の向こうに見えるのが宮島、厳島神社がある島です。
広島・草津漁港


広島湾には漁港がたくさんあります。
Ryanは釣りの関係で吉島、草津、井口、地御前なんて馴染みがあります。
逆に宇品とか丹那、坂町とかあっちはあまり行ったことないです。


全国的にはあまり知られてない広島の漁港というイメージなんだけど、
それでも懐かしい人がいるんじゃないかと思って。
それで8月撮影分から蔵出ししてみました。

前回の記事はこちら →  クリック

広島・草津漁港


地元では有名な一文字波止、ゴムボートがあれば渡れるけど。
広島・草津漁港


8月の土曜日、この日も何人か釣り人が来てました。
広島・草津漁港


カキ殻に大物のチヌとかカレイ、キス、メバルとか寄ってきます。
広島・草津漁港


釣りは好きだったけど草津はハゼしか釣れた記憶ないです。
広島・草津漁港


日本海側の浜田漁港ではチヌにホウボウ、マゴチ・・・いい思い出ばっかり。
広島・草津漁港


Ryanの釣りは撒き餌しません、ウキも使わない。
もっぱらチヌ竿(3.6m)での青虫一匹掛け、ブッコミという釣り方でした。
日本海側の魚は青虫が珍しいのか投げ込んだらすぐ当たりがあったですよ。

秋深まると30センチ前後の型のそろったチヌがよく釣れたです。
いちばん凄かったのは30分で18匹も掛かったこと。
取り込みやらエサの交換してたらほぼ毎分釣ってた勘定ですからね。

もう30年も前の話だけど。


広島・草津漁港


ここはまた天気のいい日に撮りに来てみたいです。
広島・草津漁港

今日は西方面へ出張です。
この土日は休めそう、来週はまた出張の連続になりそうです。
月末、月初と重なって超・多忙な日々となりそうな予感。


==========================
機材/α700
         MINOLTA AF 24mm F2.8

昨日の歩数(13,425)


続・ RAW現像とJPEG比較2016年09月22日 04:49

No.1
続・ RAW現像とJPEG比較

No.2
続・ RAW現像とJPEG比較


昨日のテーマは“RAW現像した画像とカメラ任せのJPEG比較”でした。

今朝はその続き、ちょっと意地悪して絵柄もカメラもバラバラです。
カメラはα7ⅡとRX100の2台体制。

どうでしょ?ぜんぶで12枚のうちどれがRAW現像で
どれがカメラ任せのJPEG撮って出しか区別つくでしょうか?



No.3
続・ RAW現像とJPEG比較

No.4
続・ RAW現像とJPEG比較


ヒント?ヒントなんてありません。
見て区別つかないようならRAWとJPEG比較の意味ないですからね。
まあ、しいて言うなら全体を見てください、かな。

答えは最下段に書いておきますから。


No.5
続・ RAW現像とJPEG比較

No.6
続・ RAW現像とJPEG比較

No.7
続・ RAW現像とJPEG比較

No.8
続・ RAW現像とJPEG比較

No.9
続・ RAW現像とJPEG比較


昨日は多少、自虐的に結論付けたけどRyanは楽観的です。
RAW賞賛でもなければJPEG支持者でもありません。
ケースバイケースって感じですね。



No.10
続・ RAW現像とJPEG比較

No.11
続・ RAW現像とJPEG比較

No.12
続・ RAW現像とJPEG比較

さ、以上12枚でした。
こんなお遊びにお付き合いいただきありがとうございました。
RAWとJPEGの区別、わかったでしょうか?

答えはこちら
奇数No.はぜんぶJPEG撮って出し、偶数はRAW現像です。
撮ったRyanでもしばらく時間経ったらわからないと思うな。


当たった人はおめでとうございます。
かなり鋭い観察力と洞察力、幸運をお持ちです。

外れた人は気にしないで大丈夫、ノーマルです。
所詮は趣味の世界、好きに撮ればいいのですから。


昨日の歩数(5,738)


RAW現像とJPEG比較2016年09月21日 04:22

RAW現像-1
RAW現像とJPEG比較

JPEG撮って出し-1
RAW現像とJPEG比較
JPEGがちょっと華やかさが足りないと思ってRAWで明るめにしたのかな。


前々から気になっていた“デジタルはRAWで撮るべきか”
これが今朝のテーマです。


先日撮ったお気に入りのツユクサで比較してみました。


RAW現像-2
RAW現像とJPEG比較

JPEG撮って出し-2
RAW現像とJPEG比較
暗い感じがしたから明るくしました、って感じかな。


RAW現像-3
RAW現像とJPEG比較

JPEG撮って出し-3
RAW現像とJPEG比較
JPEGのほうが色鮮やかな感じしませんか。


RAW現像-4
RAW現像とJPEG比較

JPEG撮って出し-4
RAW現像とJPEG比較
どっちもどっち、ほとんど変わりないです。


RAW現像-5
RAW現像とJPEG比較

JPEG撮って出し-5
RAW現像とJPEG比較
花びら、こりゃ明らかにJPEGのほうが好みの色してます。


RAW現像-6
RAW現像とJPEG比較

JPEG撮って出し-6
RAW現像とJPEG比較
JPEGでも不満はないです。


【結論】
強い明暗やコントラストの差、厳しい露出差がない被写体の場合は
なにがなんでもRAW現像という撮り方はしなくて大丈夫。
むしろRyanの場合はRAW現像で返って悪化させる場合がある。

逆に言えばカメラ任せの色はけっこう信用していいということです。
こういう状況ではこういう色を・・・と、SONYの開発陣が苦労した
画像処理エンジンはかなり優秀ということでしょう。


素人は下手に色をつつかないほうがきれい、
今回の比較でどうもそんな声が聞こえた気がします。
もっと早くに気がつけばよかった。


==========================
機材/α7Ⅱ
         TAMRON SP AF180mmF/3.5 Di LD MACRO
         マウントアダプター LA-EA4

昨日の歩数(6,466)