ミノルタAF双眼鏡8×222017年08月22日 06:17


ミノルタAF双眼鏡8×22


さ、今日は広陵高校の甲子園準決勝戦です。
久しぶりに広島県代表の活躍ですからね、応援しましょう。


さて、今まで何度か登場してるミノルタ製AF双眼鏡の話題いきます。
ミノルタAF双眼鏡8×22
過去記事はこちら  →  クリック


無条件にカッコいいでしょ、1990年の発売ですよ、27年前。
ミノルタAF双眼鏡8×22


ミノルタの大ヒットAF一眼、α7000の発売が1985年。
その5年後、AF技術を応用して世に出たのがこの双眼鏡です。


アイレリーフは固定式、メガネ派には辛い裸眼専用です。
ミノルタAF双眼鏡8×22


目幅調整は固定ロック付き、視度調整は左右別々にできます。
ミノルタAF双眼鏡8×22


リチウム電池の2CR5を一個、右側グリップ部分に入れて使います。
ミノルタAF双眼鏡8×22


うーん、とにかくデザインの素晴らしい双眼鏡です。
双眼鏡としての性能より近未来的なデザイン優先ですね。
ミノルタAF双眼鏡8×22

肝心の見え具合とか使い勝手ですが、正直使いにくいです。
見え味は目幅とか裸眼で視度が合えばまあまあ、くっきり観察できます。
昼間の海風景程度なら問題なくAFが効きますが・・・。

茂った小枝の中から1羽の小鳥を見つけるような使い方は無理。
マニュアルフォーカスできないAF専用望遠レンズのようなものです。
運動会とか飛行機、動き回るような被写体は付いていけません。

観光地で見せびらかすのが目的なら確実に人目を引くでしょう。
オーソドックスで手堅いニコン製とは比較になりません。


機材/DSC-RX100

昨日の歩数(9,859)


大朝のテングシデ2017年08月21日 06:13


大朝のテングシデ


昨日の日曜日、久しぶりに“大朝のテングシデ”に行ってきました。

前回がこれ → クリック
すごい、10年ぶりでした。クリック2


大朝のテングシデ


10年前に来た時のカメラはα7Digitalでした。
いまはα7Ⅱ、少しは腕前が上達したんでしょうか?


大朝のテングシデ


広島県山県郡北広島町田原灰谷っていうところ。
この辺りは奉納神楽が盛んなところです。


大朝のテングシデ


大朝のテングシデ


このトンボが撮れたのは収穫、ラッキー!
大朝のテングシデ


大朝のテングシデ


正直、独りだとちょっと背筋がゾクッとしそうなスポットです。
何組か夫婦連れとかカップルが来てましたけどね。


大朝のテングシデ


大朝のテングシデ


都会の喧騒と暑さを逃れて、たまにこんな避暑地もいいものです。


大朝のテングシデ


大朝のテングシデ


大朝のテングシデ


まったく無関係だけど“自家製ぬか漬け”にハマってます。
スルメも漬けて焼いてみました、なかなかイケます。
大朝のテングシデ


機材/DSC-RX100
         α7Ⅱ
         マウントアダプター LA-EA4
         TAMRON SP AF180mmF/3.5 Di LD MACRO
         MINOLTA AF MACRO 100mm F2.8
        

昨日の歩数(6,263)



OLDレンズテスト2017年08月14日 21:47


OLDレンズテスト


ごく最近、衝動買いしたレンズがこれ。
欲しかった35ミリ単焦点が2,000円で手に入りました。
40年くらい前のレンズで絞りもフォーカスもマニュアル、
AFは便利だけどこういうレンズも楽しいです。


今日はこれの試し撮りをしたくて休暇をとりました。
OLDレンズテスト


これも同時代の100ミリ単焦点、最短撮影距離1.2メートル!
OLDレンズテスト


こんな感じで写ります、まともでしょ。
OLDレンズテスト


今日はこんな昔のレンズばっかりチョイスして持ち出しました。
135ミリも持ってるんですけどね、重くなるからやめました。
OLDレンズテスト


28ミリ、これもよく写るし風景やスナップに使いやすいです。
OLDレンズテスト


右側にあるのが昔のレンズをα7Ⅱに取り付けるマウントアダプター。
OLDレンズテスト


機材撮影したのはこれ、DSC-RX100が活躍してくれました。
OLDレンズテスト


OLD単焦点の代表といえばこれですね、50ミリ標準レンズ。
OLDレンズテスト


それぞれどんなのが撮れたかみたいですか?はい、明日出しましょう。
OLDレンズテスト

場所は廿日市の極楽寺山です。
睡蓮、咲いてましたよ。

明日のBlog更新で詳しく紹介しましょう。



真夜中の料理人2017年08月13日 09:13


真夜中の料理人


三連休の二日目、昨日土曜日は夜釣りに行ってきました。
何年ぶりだろ、すっごいご無沙汰です。
無性に釣り糸垂れたくて遂に実行しました。

このBlogに釣りの話題を載せるのは船釣り以外では初です。


場所は坂町のなぎさ公園があるところ、夜景撮りのスポット。
真夜中の料理人


釣果1号、スズキの子ですね、セイゴ?フッコ?ハネ?シーバス?
真夜中の料理人


なんとイカが引っかかって上がってきました。
真夜中の料理人


暗くなって8時頃からポツポツ釣れたです。
真夜中の料理人


9時台がピークかな、小型も混じって楽しい釣りでした。
真夜中の料理人


大昔、30年くらい前かな、カメラや写真に凝る前です。
毎週のように江田島や大島、浜田方面まで
防波堤釣りに通ってた時期がありました。

サビキに始まって投げもやって、やがてチヌ釣りに。
電気ウキを流してメバルもずいぶんやったものです。
大物が釣れた記憶はほとんど無いけど。



けっきょく10時半まで粘ってこの釣果、小さいのも全部お持ち帰り。
真夜中の料理人


夜中の1時半までかけてシゴウしました。イカの墨がいちばん厄介でした。
真夜中の料理人


縁あってRyanに釣れたんだから、小さくても感謝していただきます。
真夜中の料理人


こんな場所、こんな仕掛けでした。青虫は300円もあればじゅうぶんです。
真夜中の料理人

延べ竿はメバルに使ってたときのものです。
ホコリをかぶってて、まだ使えると思わなかったです。

釣りもたまにはいいですね、またやってみましょう。
今日は午後から出勤、丸ごと三連休とはいきません。


機材/DSC-RX100


野呂山の氷池へ2017年08月10日 06:56


野呂山の氷池へ


標高800メートルの呉市・野呂山
ここに来れば少しは涼しいかも?ってことで8/5(土)の様子です。

確かに暑いのは暑いけど空気がカラッとして湿度快適、
なかなかいい感じで楽しめました。


野呂山の氷池へ


そうそう、この日はTAMRON SP AF28-75mm F/2.8を
α7Ⅱに付けて撮り歩いたんですが。
どうも28ミリにしては画角が狭いなと思ってたんですよ。

帰宅して気が付いたんだけど
α7Ⅱの設定がAPS-C撮影になってました。

普通はフルサイズとAPS-Cが自動で切り替わるんだけど
レンズをあれこれ混在して使うと自動で認識するのと
しないレンズがあったりして
うっかりAPS-C撮影を解除するのを忘れてました。


氷池の睡蓮はこんな感じ、まだまだ咲くでしょう。
野呂山の氷池へ


野呂山の氷池へ


この日はニコンの双眼鏡を持参しました。
野呂山の氷池へ


双眼鏡で被写体を見つけてカメラで寄っていく作戦でした。
野呂山の氷池へ


野呂山の氷池へ


はるか彼方でカモの母娘が遊んでるんですが。。。
野呂山の氷池へ


ウシガエルが写ってるはずなんだけどわかるかな。
野呂山の氷池へ


双眼鏡で見えるのと、写真に撮るのは別物ってことですね。
やっぱりデジスコやろうかな。


野呂山の氷池へ


野呂山の氷池へ


野呂山の氷池へ


これだけ暑いと、ここはちょっとした避暑地です。お勧め


機材/α7Ⅱ
         マウントアダプター LA-EA4
         TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di

昨日の歩数(10,248)


山の水琴窟・完結編2017年08月04日 08:19


山の水琴窟・完結編


いきなり“完結編”ってなんだ?とお思いの方がいらっしゃったら
前回の“久井の岩海・前編”から見ていただけますか。
そしたら繋がりますから。

コメントで“まるで山の水琴窟ですね”っていただいて
気に入ったのでタイトルを変えました。


ちょうど今のような熱射・酷暑を逃れるのにぴったりの
ハイキングコースでした。
山の水琴窟・完結編


オニユリ満開
山の水琴窟・完結編


さて、関西在住のさなえさんから呉レポートをいただきました。
呉サマーフェスタ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
友人がグランドのミストテントで気を失ってひっくり返った時
食べかけのソーセージのお皿を芝生に放置して救護所に
走って下さった方
お子様の凍らせたペットボトルを友人に押し当てて下さった方
気がついて起きようとした友人に横になってるように声かけて下さった方
皆様ありがとうございました
友人は血圧の薬を飲んでいて暑くて一瞬くらっとしたんだそうで
運ばれた先ですぐに起き上がって私に
お腹すいたわね、海軍カレー食べに行く?
ってすごく復活していました
皆様のとっさのチームワークの良さにとても助けられました
ほんとうにありがとうございました

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このとき、さなえさん自身もクラクラ状態で真っ青、
周囲のみなさんにご心配いただいたと感謝のレポートでした。

つたないRyanのBlogですが
この場で少しでも、さなえさんの感謝の気持ちが伝われば幸いです。

他人に寄り添うってなかなか出来ないこと、Ryanも見習いたいです。

呉サマーフェスタ


“山の水琴窟” この辺りがそう、大岩の下から水流の音が聞こえます。
山の水琴窟・完結編


“ごうろ”って岩がゴロゴロがゴーロ、ゴーロで“ごうろ”かな。
山の水琴窟・完結編


こんな岩の上を歩き回って写真を撮るのがなんとも新鮮です。
パンプスやハイヒールは怪我の元、駄目、本格的な登山靴がいいです。
底のすり減ったスニーカー程度じゃ滑るから気をつけてください。
山の水琴窟・完結編


山の水琴窟・完結編


遊歩道は清涼感もあって汗を拭き拭き歩くのも楽しいです。
山の水琴窟・完結編


山肌を雨が削って地面から風化した岩がむき出しになったというわけです。
山の水琴窟・完結編


山の水琴窟・完結編


人は少ないし駐車場はたっぷり、駐めやすいし避暑地の穴場ですね。
山の水琴窟・完結編


三原市久井町吉田ってところ、大きな標識が出てるから
迷うこと無く来れるでしょう。
ただし、ここまで来たらコンビニなど皆無ですからね、
食料や水分は途中で買って持ち込みましょう。


機材/α7Ⅱ
         マウントアダプター LA-EA4
          SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO


昨日の歩数(11,338)


瀬戸内2017年08月02日 07:00


瀬戸内


瀬戸内


瀬戸内


目の前にすぐ島が見えて・・・波静かで・・・瀬戸内らしいでしょ。
海と山とどっちが好みですか、Ryanはやっぱり海かな。

山は普段から遊び場、ガキ連中の悪さの場でした。
海はゆったり、夏休みを連想します。


瀬戸内


瀬戸内


瀬戸内


瀬戸内


機材/α7Ⅱ
         マウントアダプター LA-EA4
         SONY DT 30mm F2.8 Macro SAM

昨日の歩数(9,226)