護衛艦VSニワゼキショウ2013年05月20日 06時41分

Blogネタが溜まる一方でなかなか紹介しきれません。
呉の艦艇と花マクロをいっしょに載せてみます。

5/12の“日曜日の艦艇一般公開”
護衛艦VSニワゼキショウ

練習艦部隊です、「せとゆき」(手前)と「しまゆき」
護衛艦VSニワゼキショウ

花みどり公園のニワゼキショウ、今が旬ですね。芝生広場にいっぱい咲いてます。
護衛艦VSニワゼキショウ

アスロック・ランチャーの給弾口、分からないのはどうやってアスロックを
ここへ入れるかです、奥のドアから入れるのかなあ?
直径40センチ、長さが5メートル近くあるから難しそうだけど。
護衛艦VSニワゼキショウ

測距儀ですね、レンジファインダーってやつです。
目標との距離を測るのに今も現役です。
護衛艦VSニワゼキショウ

昔、Ryanが初めてシグマのMACRO 50mmF2.8っていうレンズを手にして
撮ったのがこの花でした。それを「スミレ」ってBlogに載せたんです。
護衛艦VSニワゼキショウ

呉基地のFバース、掃海艇とか練習艦の部隊が集まる桟橋です。
長さ240メートルの浮き桟橋で、歩くとフワフワ揺れるのが分かります。
護衛艦VSニワゼキショウ

「せとゆき」のラッタル、階段というよりハシゴに近いです。
狭い艦内を有効に使うのにこんな急な傾斜なんですね。
これ、前向きのまま降りるか後ろ向きで降りるかどっちでしょう?
護衛艦VSニワゼキショウ

いきなり“スミレじゃありません、ニワゼキショウです”って指摘をいただいて
以来、間違えることはなくなりました。だから、印象深くて。
護衛艦VSニワゼキショウ

ハープーン、艦対艦ミサイルの発射筒。
このアングルで撮れるのはブリッジに上がれるときじゃないと無理です。
護衛艦VSニワゼキショウ

「せとゆき」のブリッジ。いつも思うんだけど艦内は白でもないし
なんとも不思議な色合いで統一されてます。
護衛艦VSニワゼキショウ

直径5ミリくらいの小さい花です、これでもアヤメの仲間なんですね。
そういえばなんとなく似てます。
護衛艦VSニワゼキショウ

午前の見学は10時からでした、もうこんな時間。
あと5分もしたら船を降りて11時には基地の外に出てないといけません。
護衛艦VSニワゼキショウ

昨日は雨だったけど、予定通り公開はあったのかな?
訓練支援艦「くろべ」でしたね、射撃訓練の標的機を積んでる船です。
護衛艦VSニワゼキショウ

コンパクトタイプのデジカメでもたぶん撮れるはず。
マクロ撮影はコンパクトのほうが撮りやすいんじゃないかな。
護衛艦VSニワゼキショウ

Ryanが花マクロを始めた頃は小さな花ばっかり追いかけてました。
小さいのを大きく写せるのが楽しくて。

今は大きい、小さいはあまり関係ないですね。
Ryanが“きれいだな”って惹かれた部分を大写しします。
意外と傷やゴミがあったりしてがっかりすることも多いです。

どうしようかな、今週末は呉に行けるかな。


機材/α700
   SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM
   タムロンAF 55-200mm F/4-5.6 Di II
   TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO(花)

昨日の歩数(3,518)


コメント

_ こばやし ― 2013年05月20日 17時48分

昨日の横須賀港は非常に賑わっておりました おおすみと潜水艦が珍しく多数でした。今晩か明日アップいたします。横須賀に行ったのは油壺で水着撮影会がありその帰りです。撮影会では陰険なじじいがいて因縁つけられました。次に撮影会でこのじじいをみかけたらやっつけるつもりですw。

_ こばやしさんへ ― 2013年05月20日 20時50分

陰険なジジイ!まさか名前はRyan!?
ボコボコにやっつけたって気分悪いだけですよ。
かわいそうなジジイだと思って関わらないことです、
世の中にはそういう輩がいっぱいいます、放っておきましょ。

そうですか、横須賀に遠征してましたか。
どんなのが撮れたか写真が楽しみです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書くと?
丼ぶりと京風うどんの、なか●

コメント:

トラックバック