DiMAGE 7iとα200で2013年06月02日 20時13分

けっきょく今日は雨、朝方には止むって予報だったから
止んだら呉にいくつもりだったのに。

7時になっても8時になっても止まないからあきらめて植物公園へ。
雨のなか傘さしてDiMAGE 7iとα200で撮ってみました。

入園してまっ先に行ったのが日本庭園の花菖蒲。DiMAGE 7iで
DiMAGE 7iとα200で

満開って感じじゃないけどそこそこ咲いてました。α200で撮影
DiMAGE 7iとα200で

DiMAGE 7i  まずこっちで撮って、
DiMAGE 7iとα200で

α200で撮影  どっちもどっち、いい勝負です。
DiMAGE 7iとα200で

DiMAGE 7i  WBは曇天、色を比較してみると
DiMAGE 7iとα200で

α200で撮影  不思議なくらいそっくりです。
DiMAGE 7iとα200で

DiMAGE 7i 目一杯寄ってこの程度、
APS-Cよりずっと小さい2/3型センサーだけどちゃんとボケができてます。
DiMAGE 7iとα200で

α200で撮影  マクロ専用レンズですからね。
DiMAGE 7iとα200で

α200で撮影  絞り開放です。
DiMAGE 7iとα200で

DiMAGE 7i  こっちも開放、ボケ具合もなんか似てる感じ。
一般的なコンデジとの違いがこういうところに現れてると思うな。
DiMAGE 7iとα200で

α200で撮影  こういうのは、マクロレンズと一眼レフがやっぱり得意です。
DiMAGE 7iとα200で

DiMAGE 7i  こりゃ紫陽花、このくらいの距離感が得意みたい。
DiMAGE 7iとα200で

α200で撮影
両者でアスペクト比が若干違うんだけど眺めてると違和感が無くなるから不思議。
DiMAGE 7iとα200で

これはDiMAGE 7iで。
RAWで撮ってるけど書き込みに5秒間待たされます。
DiMAGE 7iとα200で

DiMAGE 7i
発売からもう10年以上経ってるけど案外これは名機かも知れません。
ピントの確認がしにくいEVFだけどAF任せでもけっこういけますね。
Ryanはこの絵作りならじゅうぶん許容範囲です。

撮り慣れた護衛艦ならもっと分かりやすいかも知れません。
次回、ぜったいやってみよ。


機材/DiMAGE 7i
   α200
   Minolta AF MACRO 100mm F2.8

今日の歩数(5,343)


コメント

_ Hsekiguchi ― 2013年06月02日 21時48分

α200辺りまではMINOLTAの画像処理エンジンを
流用していたみたいですから絵作りは同じ傾向だと思います。

やっぱりセンサーの大きさの差が出ていますね。
MACROレンズ関係無しで被写界深度の違いが判ります。
古い機種は書き込み速度が遅いからそこが難点ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
五みたいな字です。

コメント:

トラックバック