衣替えシーズン2015年06月02日 05時32分

あれ!?間違えたかな?って思った人もいらっしゃるでしょうね。
だいじょうぶ、6月に入ったのでBlogデザインを衣替えしてみました。


今日は花の特集です、5/23(土)の植物公園で撮ったのから。
衣替えシーズン


衣替えといっても昔ほどガラッと変わる感じがしなくなりました。
5月からクールビズが推奨されてる職場も多いし。
半袖、Tシャツ、ノーネクタイなんて年がら年中みますよね。

Ryanは年中クールビズみたいな格好してます。
寒かったら着込む、暑かったら脱ぐなり薄着する、それだけのことです。


衣替えシーズン


電力の節約とかCO2対策とか環境対策も大事だけど
暑さを我慢して身体が壊れたら意味がありません。
エアコンもそれなりに活用しないと異常な暑さは乗りきれませんね。


衣替えシーズン


ところでRyanは花撮りが大好きです。
テクニックというほど自慢できる腕はないけど
撮るときに心がけてることを思いつくまま列挙してみましょう。


衣替えシーズン


撮りたいものは画面ド真ん中に置かない。
衣替えシーズン


撮りたいものは画面ド真ん中に置かない。
衣替えシーズン


しつこいですが、撮りたいものは絶対に画面ド真ん中に置かない。
衣替えシーズン


必ず、上下左右どこか空間に余裕をもたせて撮ります。
衣替えシーズン


ぜんぶ見せない、花の一部分だけクローズアップする撮り方も好きです。
衣替えシーズン


好きな彼女、彼氏と同じですね。
最初からぜんぶ見せてしまうと魅力半減です。
謎の部分があるから人は人に魅力を感じるものです。


全部見せると、どこか説明的に見えてしまいます。
衣替えシーズン


花びら全部を見せると植物図鑑に載ってる写真みたいになります。
衣替えシーズン


背景をぼかして花を引き立てる、ボケ作りは花撮りの必須テクニックです。
衣替えシーズン


前ボケを作ったり背景をぼかすのはカメラの設定やレンズの影響が大きいです。
道具の選択を間違えると、どんなにがんばってもボケは大きくなりません。

ボケは大きくなるほどピント位置がきっちり見えないと撮れないし。


衣替えシーズン


花の草むらを8割、奥の茂みを2割にバランスを大きく変えてみました。
衣替えシーズン


撮りたいものをド真ん中に置かないことで画面のバランスを変えます。
衣替えシーズン


これなんかもそうですね。
衣替えシーズン


Ryanの撮り方は上に書いたような概ねそんな感じですね。
あとは被写体の魅力探し、花でも艦艇でも野良猫でも同じです。

好みの被写体に出逢ったら更に魅力的でかっこいい部分を探してやります。


衣替えシーズン


あとは、立ったりしゃがんだり上に向けたり
カメラの高さとか撮る位置をいろいろやってみることかな。

地面すれすれのローアングルなんて面白い絵が撮れて好きです。


衣替えシーズン


たまに自分がどう心がけてるか整理してみるのもいいですね。

みなさんも自分の撮り方を整理してみてください。
“自分はこうやってるよ”というのがあったら教えてください。
他所様のやり方を知るのもいい勉強になります。


衣替えシーズン


今日からカープは地元広島で日ハム戦ですね、
交流戦前半を4勝2敗の3連勝と好調です。

あんまり期待しないようにしましょう、ショックが大きいから。

錦織の全仏ベスト4入り、こっちは大いに期待しましょう。


==========================
機材/α77
         MINOLTA AF MACRO 100mm F2.8
         TAMRON SP AF 90mm F/2.8 MACRO
         SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG

昨日の歩数(7,184)


コメント

_ ごはんだよー! ― 2015年06月02日 19時42分

 こんばんは。
 キレイな写真ばかりですねー。
 16枚目の写真が特に気に入りました。

 さて、今日から北海道F対広島C。
 パではファイターズ、セではカープを応援している私としては、今回はカープの2勝1敗を期待しています。
 まずは、早く3位まで浮上してよーって感じです。
 
 お、今、2対1でカープが勝ってますぜ。

 では、また。

_ あっち向いてホイ。 ― 2015年06月02日 21時24分

お花でもモデルの撮影でも、
空間を少し入れる方が良いですね。

背景に何を入れてボカスかも考えないといけないので結構難しいですよ。
でもやっぱり、
マクロレンズを使うと立体感が出ますよね。

_ はる ― 2015年06月02日 21時39分

初めてコメントさせていただきます。
いつもきれいなお花の写真が沢山ありますね。
そして今日は勉強になりました。
「撮りたいものは画面ド真ん中に置かない」これを読んで
改めて自分が撮ったものを見ると、みなど真ん中かも...
私はデジカメなのでレンズやピントなどとは全く無縁なのですが、
できればきれいにとりたいので、今度やってみようと思います。
前の記事ですが、西風新都の夕陽はとてもきれいですね。
義兄夫婦が広島に居るので、何度か通ったことはありますが、
こんな夕陽にはお目にかかったことはありません。
(昼間か夜しか通らないので)
綺麗な、素敵な広島の写真、楽しみにしています。

_ ごはんだよー!さんへ ― 2015年06月02日 21時52分

負けました、がっかり。

まあ、結果論でしかないけど負けるんだったら
マエケンに最後まで投げて欲しかった。

3点差で勝てなきゃどうしようもないですね。
ほとほと今シーズンは今日みたいな展開でよく負けてくれます。

ガサエビでも肴に酔っ払ってふて寝するしかないですね。

_ あっち向いてホイ。さんへ ― 2015年06月02日 22時24分

はい、ありがとうございます。
そうです、女子はよく“いけばな”やるでしょ、習い事で。
池坊とか嵯峨御流とかあれです。

「生けるように草花を撮る」これが極意だと思いますね、Ryanは。

なかなか、そんな条件のいい被写体は見つからないけど
無駄にみえる空間とかシンプルな形の良さとか見習うところが多いです。

背景選びは被写体以上に大事かも知れませんね。
どうしても背景が気に入らないときはボカして隠すのも手だけど。

マクロもそうだけど写真は撮ってるときの気分まで写ります。
落ち込んだり雑に撮ってるとやっぱり写真にも現れますね、
そんな気がします、なるべくベストコンディションで無心に撮りたいです。

_ はるさんへ ― 2015年06月02日 22時36分

はるさんみたいに勇気をもってコメントしてくださる人がいるから
こんなつたないBlogでも続けられます、ありがたいことです。

そうですか、広島に縁があるんですね。
でもご覧のとおり植物公園と呉の話題ばっかり、
それもかなりマニアックなテーマが多いですからね。
もっと広島の魅力を伝えないといけませんね。

「撮りたいものは画面ド真ん中に置かない」
これはもう鉄則、ぜひ騙されたと思ってやってみてください。

観光地の記念写真や女子会の集合写真、彼氏のスナップでも同じです。
シャッター半押しでピントを合わせたらちょっとずらせばいいだけ。
たったそれだけで平凡な写真がアートに変身するから不思議です。
そのほかは応用ですね、いっぱい撮ってみることです。

ご期待に添えるような写真が撮れたらいいですが・・・。
また寄ってください、ありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書いて下さい。
五みたいな字です。

コメント:

トラックバック