てつのくじら館へ2012年06月26日 02時29分

2007年4月の開館から5年、海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)の
入場者が6/24(日)、200万人を達成し地元の新聞でちょっとした
話題となりました。

200万人目に当たったのは福岡県から遊びに来た家族の小学1年生でした。
記念に潜水艦のプラモをもらったそうです。
てつのくじら館へ

惜しかったなあ、Ryanが当たったかもしれないのに。
中年のおっさんマニアじゃ、絵にならなかったんでしょうね。
てつのくじら館へ

ここに来たのは半年ぶり、“日曜日の艦艇一般公開”が中止になって
せっかく呉まで来たので久々に入館してみました。
てつのくじら館へ

まだ見たことがないよ、って人がいっぱい全国にいるでしょうね。
たったの200万人ですものね、そんな人たちのためにさらっとご紹介です。
てつのくじら館へ

海上自衛隊呉史料館(通称:てつのくじら館)は自衛隊員の教育施設で
あるとともに、国民一般に自衛隊の活動を広くPRする広報活動の場です。
てつのくじら館へ

呉らしく展示内容は機雷の掃海活動と潜水艦の歴史と発展が
メインテーマになっています。もちろん入館無料です。
てつのくじら館へ

詳細はHPをご覧いただくとして、面白いのは海自のOBさんが
見学スタッフとして来場者を相手にしてることです。

若いコンパニオンのお姉さんじゃなくて、実際の経験者ですから
そりゃもう微に入り細に入り呉弁で説明してもらえます。
カメラ屋のスタッフみたいな感じですね、すぐ話しかけてきますから。
てつのくじら館へ

1階が海自の誕生と歴史、2階が掃海活動と国際貢献、3階が潜水艦の
解説とここの目玉である実物潜水艦への入り口となっています。
てつのくじら館へ

解説をじっくり読めば、Ryanの日頃の疑問も解消するんでしょうけど
どっちかというと写真を撮るのが先にたつものだから
読んだり話を聞いたりしてられない性格なのです・・・。
てつのくじら館へ

別途、実物潜水艦の内部を紹介しますが見学できるのは
この断面図でいうとセイルに近い3階の部分だけになります。
発令所とか操舵席があるところですね。
てつのくじら館へ

α700の強力な手振れ補正が効いてるんですが、やっぱり絵が甘いですね。
まあ逆にいえばストロボなしでも、ここまで撮れるってことです。
てつのくじら館へ

休館日
●火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日休館)
●12月29日から1月3日

開館時間
午前9時~午後5時まで(展示室入館は、午後4時30分まで)

すぐ近所に“大和ニュージアム”があります。
セットでみたら半日くらいすぐ経ちますよ、お勧めです。


機材/α700
   MINOLTA AF 24mm F2.8


コメント

_ corocoro ― 2012年06月26日 05時46分

知らなかったです。
「てつのくじら館」名前が可愛い☆
ぜひ行ってみたいです!
呉いいですね。
先月広島に遊びに行ったけど、広島は一日、二日じゃあ遊びきれないですね。

_ corocoroさんへ ― 2012年06月27日 21時59分

corocoroさん、撮ってますかー?

そうですよねえ、あんまり宣伝はしてないみたいだけど
旅行プランのパンフとか、呉の観光情報には載ってます。
でも関心がない人だったらあんまり魅力はないかもね。

呉はけっこう見どころありますよ、
土曜日に呉入りして、ここを見て日曜日に艦艇見学して
空き時間に周辺の島巡りしたらたっぷり堪能できます。

広島市内より見るところ多い感じがしますね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策のためお答えください。
今年の干支を漢字一文字で書くと?
つらいのはフーテンの●さん

コメント:

トラックバック